最新情報

◆絶滅危惧Ⅰ類に指定の『クマガイソウ』は今が見頃!




花見のシーズン終り?まだまだ大丈夫!神秘的で珍しい大自然が造る・・・♪

私も行きましたが
「珍しい」というより【神秘的】という言葉が合っています。

行った人のみが実感できるこの不思議な気分。
さすが絶滅危惧種

まずはこちらをご覧ください。



■最新の記事をご覧いただけます→コチラ

■こちらの記事もぜひ
 ↓  ↓  ↓
福島市松川町水原地区の第11回クマガイソウの里まつりは平成26年5月11日、同地区の群生地で開かれる。同月31日まで。
クマガイソウはラン科の多年草で、ふくしまレッドデータブックで絶滅危惧Ⅰ類に指定されている。同地区には約2万株群生している。
クマガイソウが群生する自生地は、水原地区を含め全国で3カ所しかないという。
会場では、山野草や地場産品を販売する。5月17日から25日まで、地元産そば粉を使った「藤八そば」を1000円で振る舞う。群生地に入るには、保護活動協力金として1人300円(中学生以上)が必要になる。
開催時間は午前9時から午後4時まで。無料駐車場を完備している。
(抜粋元はコチラ


いつもご愛読ありがとうございます。
じゅらく探検隊6号

スマートフォンサイトからもご予約が可能です。上記の二次元コードを読み取りアクセスができます。