最新情報

◆元気に育ちますよう願いをこめて・・・



 
5月5日は端午の節句(こどもの日)ですね。
少し早いですが、ロビーに兜を飾ってみました♪

ところで、端午の節句ってどんな意味があるのかご存知ですか?

 


端午の節句は室町末期から続く風習で、現在のように鎧や兜を飾るようになったのは鎌倉時代の武家社会が成立した頃です。
厄除けなどの意味合いから、武士のようにたくましい男の子に成長してほしいとの願いがこめられるようになったのですね。

『端午』の意味は「月の端(はじめ)の午(うま)の日」を示し、5月に限ったものではありませんでした。
そのうち、午(ご)と五(ご)の発音が同じ為、5月5日となたのではないかと言われています。

毎月だったら飾付けや片付けで大変かもしれませんね。(汗)

スマートフォンサイトからもご予約が可能です。上記の二次元コードを読み取りアクセスができます。