実演中心バイキングと泉質異なる3本の源泉「飯坂ホテル聚楽」

新着情報

◆国登録有形文化財『奥御殿』、『坐忘庵』を公開

2010年、飯坂ホテル聚楽が隣接する花水館を取得。
建屋は取り壊され、旧花水館(現じゅらく駐車場)の中庭にある茶室『坐忘庵(ざぼうあん)』と
国の有形指定文化財に登録されている『奥御殿(おくごてん)』が、大切に、大切に残されています。


 


2011年の東日本大震災から7年。
修復も進みようやく...

一般公開する事ができました!
(セキュリティー体制も万全です。たいへん、お待たせ致しました!)


 
  
  


今では珍しい建築様式である『数奇屋造り』には和の美しさである“侘び寂び”を感じます。

時間と共に色合いを変えた銅版の雨樋。
季節毎に表情を変える庭園と散った葉で描かれる模様と砂が美しい空池。
順路の飛び石の形が歪なものにも
「足元を見て歩いて。」
「ここまでが庭ですよ。」
と意味を持ちます。

実際に、先程ご覧頂いたお客様は
「これは見事だね。修復しながらでも残すべき素晴らしい建物だ!」

と喜んで頂き、私も感激いたしました。


公開時間は9:00~17:00“どなたでも”ご覧頂けます。
場所は飯坂ホテル聚楽のすぐ隣、もちろん無料でございます。

新設した案内説明板をご覧いただきながら「順路表示」に沿ってタイムスリップしたかのような体験を是非...。
明治時代の建築技術の高さに驚く事でしょう。
※建屋内には現在お入り頂けません。

<関連記事をご覧下さいませ>
2016年当時の記事はコチラ
2018年の記事はコチラ