TOP > 周辺の観光案内 > 体験 > 盛り上がり度120%のサバイバルゲーム!(ホテルよりお車で55分)

飯坂ホテル聚楽

周辺の観光案内

<<「体験」目次に戻る

盛り上がり度120%のサバイバルゲーム!(ホテルよりお車で55分)

レポート日時:2017年01月10日 / レポート:iizaka_user


絶大な人気を集めているサバゲー!あなたもスナイパー?「ストロンガー@郡山」

◆◇◆はじめに&注意事項-hori◆◇◆
[サバイバルゲーム]とはエアーガンを使った大人の戦争ごっこである。そのスリルと緊張感、想像以上の運動量、我々も大人心がクスグラレテしまったのだ。楽しい遊びの中にも厳しいルールがあります。 zenin01
 img_0695 ①フィールド内ではゴーグル着用②撃たれたら大きな声で「ヒット」コール③フィールド外ではマガジン(弾入れ)を外す④マガジンを外しても残弾があるので1発撃つ
自前で銃を購入したソルジャーは3名、他はレンタル銃をシューティングレンジで調整し戦いに挑む。  pa120713
◆◇◆5対5フラッグ戦スタート!-kami◆◇◆
10名のうち6名はサバゲー経験者。気温、フィールドそして銃にまで注意は怠らない。ここ郡山市『ストロンガー』のフィールドは前回のフィールドと比較してやけに広い、そして背丈よりも高い草木が生い茂っているうえ、迷路のように幾つもの道が右へ左へと広がっている。  img_4569
 img_4637 敵に見つからずに進み、密かにターゲットを定めるには難易度の高さを感じる。しかも、今回は高性能な自前の銃を持つ敵が数名現れたと来たもんだ。

打たれた時の痛さを思い出すと緊張せずにはいられない。

今回は時間制限つきのフラッグ戦、敵の陣地に入り先にボタンを押せば勝ちというシンプルな対戦。いつものように「あみだ」でチームを分けたらさぁ、戦闘開始だ!  20161012_094947
 dsc_0566 開始と同時に四方に散らばって様々な障害物に身をひそめる仲間もいれば、ハイエナのように足音を立てずに足早に敵地に向かって突き進む仲間。初戦の作戦は皆無、自分だけを信じて進むのみだ!そして開始間もなくあちこちで鳴り響く銃声。うぉぉぉぉ~!この緊張感がたまらなく楽しいぃ~。そろそろ敵に遭遇する頃か?それとも既に敵にロックオンされているのか・・?銃を握る掌が汗でじんわりとし、自分の呼吸がやけに大きく聞こえ始める。
◆◇◆hitされた(服装は重要です)-kimi◆◇◆
サバゲーの衣装(装備?)と言ったら上から下まで迷彩が王道でしょうか?まあ、そこまでいかなくともフィールドに合わせた目立たない装備ですよね。確かに参加したメンバー皆、黒やベーシュ等で辺りと一体となっています。しかしそこはあえて蛍光色オレンジのキャップにオレンジのTシャツで参戦するとどうなるか、検証してみた。  dsc_0543
 img_0056 今回オレンジの私は初めてのサバゲー。他は皆、経験ありのメンバーだが何故か負ける気がしない。湧き上がる自信がゆっくりとしかし大きく歩を進める。身を潜めながら索敵を開始。焦る心を抑え、静かに潜んでいると顔の近くで弾が木に当たる音が!間一髪逃れたが、いつの間にか発見され狙撃されているではないか。しかも、こちらからは相手の姿は見えない。さらに追撃されてはまずいと隠れるように下がったが時すでに遅く顔面にhit!あの湧き上がった自信はどこへやら。
どうやら歩くオレンジが丸見えだったとのこと。上手に隠れていたつもりだったのに・・・。【結論】柔らかい日差しの秋にぴったりのオレンジコーディネートは控えたほうが◎  20161012_130922
◆◇◆hitされまくり(何がいけないんだ?)-hasi◆◇◆
はじめてのサバゲー。何事もまずは、さりげなく形から。。服装の随所に迷彩柄を採りいれ、機能性とファッション性を兼備した装い。まぁ、これだけ迷彩をあしらえば、野戦フィールドならばhitされることはないだろう。

そう思っていました・・・

 20161012_132007
 20161012_150903 結果は、hitされまくり。なぜだ?なぜなんだ??hitによる若干の身体的痛みよりも、己の誤算による精神的な痛みがひどい。。・・・そうか、銃だな。マイ銃じゃないから先にhitされたんだ。うん、きっとそうだ。「挙動がおかしいからhitされた」そんな意見には耳を貸す必要なしっ!
◆◇◆すぐにhit(観戦も面白い)-ami◆◇◆
今回2回目のサバゲー。前回よりは上達しているはずと意気込んでいたのに・・・身を隠すための草木が敵をも隠し、気が付けば近距離で撃たれゲームオーバー。何度対戦しても前半で撃たれてしまう。そんな人も少なくないはず。  img_3905
 ncm_1245 ここでは違う楽しみ方を。それは、撃たれた人が退場して昇る観戦台(我々の中では天国と呼んでいる)。この天国はフィールド全体が見渡せます。生い茂る草木の中に身を潜める敵味方の行動が面白いように分かるのです。その中、ザザザッと草を掻き分け動く人影が。(あっ、居る!)目で追いかけると、さらにもう一人。建物に身を隠しながら銃を構える。その距離1メートルもない!動いてる方は気付いていない様子。そして、通り過ぎた所を狙い撃ち。(上手い!)
敵なのか味方なのか?そんな事はどうでも良くなるほど、眼下に繰り広げられる映画のワンシーンのような光景が、ドキドキ感とワクワク感を誘います。天国(観戦台)はフィールド内にあるので、流れ弾が飛んでくる場合もありますので観戦時もゴーグル着用をお忘れなく。  dsc_0556
◆◇◆ハンドガンでも結構戦えます-mani◆◇◆
この日の為に購入した?!東京マルイのハンドガン!数々のアクション映画(ダイハード・男たちの挽歌など)で人気のイタリアの拳銃「ベレッタM93R」っす!!何百発も入るマシンガンに比べるとたったの40発しか弾が入りましぇ~~ん(飛距離も若干劣るかな?)  img_0753
 dsc_0573 その分長物にはけっして負けない取り回しや軽快なフットワークで、ゲームでは実物以上の脅威に!後はこの銃を扱う人次第?!誰よりも早く楽天ポイントで購入し、誰よりも長期間この戦いを待ち侘びたマニマニ魂を見せてやるぜぃ!
◆◇◆突撃だけでは勝てません-jaki◆◇◆
今回はマイ銃の「P90」も買って、やる気MAXで挑みます!しかしそれが裏目に出てしまい…今回のフィールドは草が生い茂っていて動くと音と草の揺れですぐに場所がバレバレ・・・。逆に隠れるところはたくさんあるので待ち伏せには最適だったのです。  pa120724
 dsc_0570 そこにもともと我慢できない性格な上に新しい銃を早く試してみたかったのでいいカモにされてしまいました。待ち伏せして敵が来ないまま終わるのも悲しいので難しいところです。
◆◇◆待ち伏せは我慢が必要-komi◆◇◆
サバゲー初挑戦だった私は、あちこちから銃撃戦や「HIT!!」「痛い!」の声が聞こえてくると、怖くてなかなか敵の陣地に進めない・・・だったら、ボタンを押されないように近くで敵チームが来るのを、隠れてジッと待機していよう!と率先して待ち伏せ。  img_3887
 20161012_095210 でもなかなか敵が現れない上に、いつ来るか分からないから怖いし~、一人で待ってるのは意外と寂しいし~。。。さらに、ボタンの手前で敵チームの人たちを、打たないとボタンを押されてしまうので責任重大な事に気づいた~!!
そんな気持ちと葛藤しながらソワソワ&キョロキョロ。しばらく我慢強く待っていたら、敵チームの一人を発見!!「ザマーミロ」と心で思いながらすかさず連射。あまりにもキレイにヒットしてしまい思わず謝罪!(笑)。ゴメンネoniさん♪  dsc_0583
 img_4635 無事HITも出来たし、陣地を守れたうえに、その後、味方が敵チームのボタンを押してくれて何とか勝利!!待つなら辛抱強く待っていたほうが、勝つ秘訣なのかな~。。。でも、待ち伏せしている時の緊張感もハンパな~~い!
◆◇◆最後に… -oni◆◇◆
サバゲは中々取り掛かれない種目ですね。でもやってみるととても面白い。装備も全てレンタルでき「手ぶらでGO」という場所もあるので、ストレス発散に友人、会社の仲間といかがですか?女性ももちろんOK!親睦が深まる事間違いなしです!花見?古い古い、これからはサバゲの時代ですよ♪  zenin00
◆◇◆ CASTING ◆◇◆
 horihori  kami
kami
 oni
oni
 mani
mani
 jaki
jaki
 hasi
hasi
 amiami kimi
kimi
 komi
komi
 kumi
kumi
◆◇◆ おまけ(ノンフィクション) ◆◇◆
拡張性高い現代の銃に撮影機材を取り付けると反省会の盛り上がりハンパないのです♪
【右の動画】は本当に朝イチの第一ラウンドです。oniが一人目をクリアし、二人目もクリア、いまだ!とズッコけーの、、、FLAGが見えた!もらったぜぇ~と威嚇射撃をしながらボタンを押そうと思った、、、その時に???
◆◇◆ Special Thanks ◆◇◆
ストロンガースタッフの皆様、初心者の私たちに色々とご教授いただきましてありがとうございました。今では我々は、お揃いの迷彩服を着てスッカリ中級者の仲間入りです。また行きますね。 サバイバルゲームフィールド
STRONGER(ストロンガー)■〒963-0911 福島県郡山市西田町芹沢池ノ上188-1
■090-4638-4464
≪取材日2016年10月13日≫

 


飯坂ホテル聚楽

〒960-0201 福島市飯坂町西滝の町27
[代表電話]024-542-2201 / [FAX]024-542-0952
[予約直通]024-541-2501 / [予約受付時間] 9:00~20:00
[mail] iizaka@hotel-juraku.co.jp