TOP > 周辺の観光案内 > 体験 > ダイナミックな大自然の造形美を満喫 ~ 城ヶ崎ウォーキング(車25分)

伊東ホテル聚楽

周辺の観光案内

<<「体験」目次に戻る

ダイナミックな大自然の造形美を満喫 ~ 城ヶ崎ウォーキング(車25分)

レポート日時:2010年10月18日 / レポート:ito_user


「伊豆海洋公園駐車場」→「吊り橋・灯台」→「伊豆海洋公園駐車場」
の 距離にして 合計3キロメートル。約2時間のコースです。

 

● 城ヶ崎(じょうがさき)ピクニカルカルコースについて詳細 ●城ヶ崎海岸(じょうがさきかいがん)とは、静岡県伊東市中南部に位置し、富士箱根伊豆国立公園の指定を受けている海岸である。伊豆東部火山群の主に大室山の火山活動により、溶岩が海岸まで流れて形成された海岸である。 その距離は十数kmにも及び、断崖絶壁となっている所もある。現在は都心に近い名勝ということから、門脇吊橋を中心とした一帯はドラマ・映画・旅番組のロケーションとしてよく使用される。また作詞家の星野哲郎が歌のモチーフとしてたびたび城ヶ崎を使い、現地には歌詞が記された石碑が建てられている。 

今回のコースは「伊豆海洋公園駐車場」 → 「吊り橋・灯台」 → 「伊豆海洋公園駐車場」の
距離にして 合計3キロメートル。 時間にして約2時間のコースです。

階段等、多少のアップダウンはありますが、見事な造形美とさわやかな風を感じながら
気軽に楽しむことができます。

 

みなさんオハヨウゴザイマス。今日は10月18日(月)晴天の朝9時。
これから第2回伊東歴史案内人と巡る
「城ヶ崎ピクニカルコース」散策を、
当社社員の 「 商品立案委員会」メンバー
にて実地体験 するために集合いたしました。今回のコースは
「伊豆海洋公園駐車場」 → 「吊り橋・灯台」 → 「伊豆海洋公園駐車場」の距離にして
合計3キロメートル。
時間にして約2時間のコースです。 

朝9時にホテルを出発し30分で現地に到着。

 

 

昨日、案内人の稲葉様から「駐車場でオレンジの
ジャンパー着て待ってます。」のお言葉通り
派手に目立っておりました・・・。お名前は「稲葉様」伊東歴史案内人会の1期生。
元海軍在籍の日本男児です。
白い髪が人生の道のりを語ります。 

 

天城越え
はじめに、行程距離、おおよその時間、
お手洗い場所の確認等の説明を受けます。
あらかじめ、清涼飲料水など用意していきましょう。ここでトイレに行かないと、あと30分は
トイレがありませんので注意!さぁ!出発!
最初はここから海岸線までの下り階段。
下るにつれて大きな海原が目の前に
迫ってきます。松の木の間から木漏れ日が
差す中に見る相模湾はとってもキレイです。
また、風にゆれるススキも風情があります。 

 

 



途中、途中で詳しい草花の説明があります。
右の写真は「ホソバカナワラビ」であちらこちらに
群生しています。いろいろな花々が咲き誇るのは
5月~7月頃が最盛期だそうです。このようにモッサリと群生しているところに
うっかりコースを外れてしまうと「崖下へ転落」
してしまいますのでコースを外れないように注意が
ありました。特に飲酒とお子様はご注意を。
 

 

 


コースの整地状況ですが、もともと
この台地は大室山の噴火の際の溶岩で
出来ていますのでコース上でも岩石や
足元の木の根を踏みながらの走破と
なります。ただし、階段等も整備され
特にお年を召した方でも、雨でぬかるんで
ない限り 不自由なく 散策を楽しむこと
ができます。 

 

 

 

 

 

このあたりからはブルーに輝く海面が
木々の間に垣間見れ、さらに折り返し地点の
門脇灯台の白い塔が見えてきました。
ここまで約25分。往路の約半分ですね。途中に「穴口」という看板が。
なんだか稲葉さんがニヤニヤしているぞ。
と、目の前に3メートルほどの小さな橋がある。その下をのぞくと これだ! 

眼下(約10メートル)に見える海水に驚嘆!

溶岩トンネルの天井が崩れた後に橋をかけた
ものだそうです。

 

 

右手に波音。正面に灯台を眺めながら、
歩くこと10分。左手の方から、バスの音や
観光客の皆さまの声が聞こえてきました。雑木林の中から、颯爽と現れる5人組の私たちに
「どこから来たんだ?君たち?」
というようなコチラを見ていました。もうここまで来ると門脇灯台とつり橋まで目と鼻
の先です。今回は灯台には登らず、吊り橋を
目指します。 

 

 

ちなみに城ヶ崎周辺はもちろんのこと
伊東市全域の公衆トイレは「観光トイレ」と
呼ばれ、約32か所あります。そのうちココの城ヶ崎周辺には●磯の香和家 というトイレ
●潮騒の手水処 というトイレ
●篠海の青椿堂 というトイレ
●半四郎の落とし処 というトイレ
●磯ぎ久の詩野箱 というトイレ 

有料ではありません。無料です。綺麗にね。

 

 

さぁ。のんびり歩くこと1時間。。
到着しましたよ♪ 門脇灯台とつり橋に。このあたりは「橋立」と呼ばれ溶岩が急激に
冷却されて出来た柱状の造形美を見ること
ができます。ダイナミックですね。さらには、遠く伊豆大島、伊豆七島も望むこと
が可能なのです。
吊り橋はゆったりと揺れていて、下を覗くとゾクゾク
しますね。吊り橋は渡る魅力よりも、
溶岩の造形美との調和を外から眺めるのがイイと
思います。 あっ。灯台の写真撮るの忘れた。 

ブルーに光る海、切り立った絶壁、溶岩の岬
波に浮かぶ伊豆七島、植物の群生など太古の
自然が目の前に広がります。

 

 


波打ち際に柱状の溶岩が見えますね

青い海と切り立った溶岩、緑の森と波打ち際の白さが美しさを際立たせている。

大人数の後を追うと揺れるスリルが味わえるよ。

正面からの風景もいいですね。

歩くペースは、個人個人に合わせてくださいますので
心配は不要です。途中途中で稲葉様の説明、
冗談(笑)も含めながら あっという間の2時間でした。
復路はここの門脇吊り橋・灯台から陸側の車道を
草花を観察しながらスタート地点の海洋公園駐車場
まで戻りました。最終的には約2時間での走破です。観光地としてはフロント等で案内しておりましたが
実際にこうして歩いてみると、自然の雄大さに触れ
お客さまに案内する際は「真に迫った」説明が
できると確信いたしました。
ぜひ、案内人の方と散策してみてください。
きっといい思い出になることでしょう。最後に社員一同より、
自然歴史案内人の稲葉様に心から感謝を申し上げます。
ありがとうございました。(販売促進課 鈴木) 

 

 

伊東自然歴史案内人会
料金: 高校生以上500円
同伴の中学生以下の方は無料

 

※取材日 2010.10.18

未分類 |  体験 |  温泉 |  番外編 |  見る |  食べる | 
伊東ホテル聚楽

〒414-0055 静岡県伊東市岡281番地
[代表電話] 0557-37-3161 / [FAX] 0557-36-3455
[予約直通] 0557-38-6166 / [予約受付時間] 9:30~18:30
[mail] ito@hotel-juraku.co.jp