TOP > 周辺の観光案内 > 体験 > 天まで届け!東洋一の大噴湯&ホカホカ大噴湯たまご作り☆

伊東ホテル聚楽

周辺の観光案内

<<「体験」目次に戻る

天まで届け!東洋一の大噴湯&ホカホカ大噴湯たまご作り☆

レポート日時:2017年03月14日 / レポート:ito_user


伊東ホテル聚楽から車で1時間ほど。河津にある、東洋一の大噴湯を見る事が出来る、『峰温泉大噴湯公園(みねおんせんだいふんとうこうえん)』へ行ってきました。

 峰温泉大噴湯公園(みねおんせんだいふんとうこうえん) 1日7回見る事が出来る“大噴湯”もモチロン魅力ですが、驚いたのが、まさかの入園料“無料”!(シーズンにより有料になる場合もあるようです)
小さめの公園ですが、駐車場から園内まで、とても綺麗に整備されております。  入園無料だけど色々あります。
 2個で150円だから、ええと・・・?  次の大噴湯まで、まだまだ時間があるなぁ・・・おや?温泉でゆでたまごが作れるぞっ。2個150円、チャレンジしてみよう!すみませ~ん、人数分下さ~い。
 公園内にある“大噴湯たまご作りコーナー”へ。ん?お湯は100度!?気を付けながら、たまごをお湯へ浸けます。  俺も見たい!俺も!俺も!
 美味しくなぁ~れ☆  湯加減はどうだい?甘いドリンクで「ホッ・・」と一息つきたいお父さん達は、甘酒とお汁粉も、たまごと一緒にお湯へ入れます。
 12~13分で茹で上がるそうです。ワクワクしつつも待ち時間は園内見学へブラ~リ♪  たまご「はぁ~。いい湯だ」
 「どっちがフントー君か判らないかい?」  イメージキャラクターの“フントー君”モニュメント発見☆「記念写真、撮って撮って~!」
 “大噴湯おみくじ”が沢山結んである、泉霊が祀られたスポット。  これからも豊富な温泉を。
 「どの位冷やそう?あんまり冷めたらイヤだよね?」  さてさて、そろそろ大噴湯たまごが茹で上がった頃かな?茹でたてアッツアツのたまごを、冷やし水へ少しだけ浸します。冷やす事で、殻がむきやすくなります。
 白身「こんにちは」  完成☆
 綺麗にむけました。  フントー君、一緒に食べるかい?
 寒い季節にウレシイ“温熱ベンチ”で頂きます組。ベンチの中には温泉が通っており、お尻からホカホカ温さが幸せ♪  たまごもお尻もアツアツ
 「キターーーーーーー!」  公園を満喫しているうちに、いよいよ『東洋一の大噴湯』タイムがやってきた!噴出した温泉がかかってしまうので、グーーーンと下がります。
 1回の噴き上げは約1分ほど。心なしか、辺りが温かくなった様な気がします。  約1分間、噴出を楽しめます。
 また来たいな。  大正15年11月22日正午、爆音と共に地上約50mの上空を突き刺し誕生して以来80数余年、ひとときも絶えることなく毎分600リットル、100℃の温泉を噴き上げ続けている自噴泉。この大噴泉の栓を定期的に解放し、噴上げる姿が間近で見る事が出来る『東洋一の大噴湯』他、『地産の売店』『大噴湯たまご作り』など、色々楽しめる、憩いの公園でした♪
峰温泉大噴湯公園(みねおんせんだいふんとうこうえん)
* URL :http://www.kawazu-onsen.com/event/funnto/funnto.html
* 住所:〒413-0511  静岡県賀茂郡河津町峰446-1
* 電話:0558-34-0311
* 時間:9:00~16:00
* 休業日:火、金
* 駐車場:無料
* アクセス:熱海方面より国道135号線経由約1時間30分
* 取材日:2016,12,07

未分類 |  体験 |  温泉 |  番外編 |  見る |  食べる | 
伊東ホテル聚楽

〒414-0055 静岡県伊東市岡281番地
[代表電話] 0557-37-3161 / [FAX] 0557-36-3455
[予約直通] 0557-38-6166 / [予約受付時間] 9:30~18:30
[mail] ito@hotel-juraku.co.jp