TOP > 周辺の観光案内 > 体験 > 手ぶらでOK!「海上の釣り堀」【筏(いかだ)釣りの東海】

伊東ホテル聚楽

周辺の観光案内

<<「体験」目次に戻る

手ぶらでOK!「海上の釣り堀」【筏(いかだ)釣りの東海】

レポート日時:2017年07月04日 / レポート:ito_user


熱海と伊東の中間地点「網代(あじろ)」。国道沿いには干物屋さんが立ち並ぶ漁師町である。

「筏釣りの東海」さんは2度目の訪問です。何も準備はしていません。

手ぶらで手軽に大物釣りを楽しんでみましょう。

整列600×225
受付を済ませ、漁場までは船で移動。
東海さん 船で筏へ
3分ほどで到着。
餌は小エビなので女性も子供も抵抗なく扱えるところが嬉しい。
筏到着 餌のエビ

【タイが釣れた】釣り人:本社のアキミ

オーナーさんに、釣れそうなポイントへ案内をしてもらう。
・・・って、そこで釣るの?
指さすは、筏の端っこ。
生簀の周りには、30~40センチ幅の板が敷かれているだけで後ろは海。促されるままに板を渡り生簀の隅のポイントへ。
オーナーが竿に餌を付けてくれる。コツは針が隠れるように餌を付ける事。(簡単そうに見えてたけど、これがなかなか難しいのです)
生け簀の隅
糸を垂らしてひたすら待つ。竿の先端の揺れを見つめながら・・・時間だけが過ぎていく。
くいくいっと先端が引っ張られる感覚。「きたっ!!」
素人の私にも喰いついたという感覚が伝わってくる。重い、そして強い引っ張り。「糸巻いて!巻きすぎ!無理に引っ張らない、いいよ!」などとオーナーに叱咤激励されながら、少しずつ竿を立てていく。
最後は他の隊員に網で上げてもらう。(力任せに引き上げると糸が切れてしまうそうです)
釣れたのは「鯛」。やった!鯛が釣れた!小ぶりながらも活きの良い鯛。この感覚は癖になりそうです♪

二人目鯛釣れた

鯛


【アジが釣れた】釣り人:万座のジャッキー

宮崎待つ 竿をもらって20年ぶりの釣りを始めてみる。やはりすぐには釣れず糸を垂らしてぼぅっと待つことに。
生け簀の中をのぞくタイやシマアジが泳いでるのが糸を寄せてみるも全く食いついてくれない。
たまに引き上げて餌を確認しつつひたすらかかるのを待つ待つまつ。
ただ待っているだけでも海の上の釣り堀なので波に揺られ、カモメの鳴き声や和気あいあいと釣りを楽しむ声を聞きながらだと飽きない。
鯵釣れた2人 待つこと10分位とうとう引きが!この引きは自分にも鯛が来たかっと思いつつ慎重に糸を巻いていく。
巻き上げていくにつれなんか引きが軽くなっていく…水面から出てみると現れたのは20cmくらいの鯵。
う~ん、まぁ釣れたからいっか!!

【特別枠で釣れた】釣り人:新潟のミホ

一人の海の男が言います、「動くな!」釣り初心者の私は言われるがまま微動だにしません。
もう一人の海の男が言います、「合わせろ!」でもどうしていいのかよく分からない。
魚が来るまで動かず、食いついたら合わせる。そう、それだけのことなんです。。。
どうやら悲しいことに釣りのセンスが皆無だった私はもはや『釣竿でエサをあげる』というニュースタイルを確立したかのごとく、エビを取られ続けます。
特別枠
鯵釣れた5人 わざわざ新潟から来て、晩御飯だけではかわいそう。。と優しい海の男たちが見かねて

「ここ本当は使ってないんだからね!」と私だけを特別枠へ。

その後もエサは取られ続けたものの、先輩隊員の手も借りてついに光り輝く鯛!…..ではなく鯵を一匹。

そして晩御飯にお刺身となって出てきた鯵ちゃんを生物が食べれない私は生暖かい目で見つめていたのでした。。。☆


【美味しかった】食べた人:みんな

釣り上げた鯛と鯵を尾頭付きの刺身盛りにしてみました♪ コリッとした歯ごたえは鮮度の証です。肉厚に引いた鯛のお刺身はほんのりとした甘みがあり、伊豆の地酒とも相性抜群で思わず大人食い。 そして、鯛にも負けない一品に仕上がったのが真鯵のタタキ。生臭さは一切なし!噛むほどに口の中に広がる脂の旨みは絶品です。 これぞ伊豆の真鯵!酒の肴にも、炊き立てご飯にもベストマッチです。今回はすぐに捌いたので大丈夫でしたが、自宅へのお持ち帰りなら鮮度が落ちないよう、釣堀で活け〆してから持ち帰りましょう。 鯛2匹とアジ7匹

鯛もって写真 鯵釣れた1人
鯵釣れた6人 鯵釣れた3人
 待つ2

筏釣りの東海

料金等詳細はこちらをご覧ください。
(伊東ホテル聚楽より車で15分)


※釣った魚を持ち帰る際は
クーラーボックス等の容器をお持ちください。
(取材日:2017.06.06)


番外編【釣れなかった】釣り人:みなかみのマニマニ

とにかくひたすらに待ちました。イケスには悠々と泳ぐ魚の姿が腹立たしい!たとえば狙った獲物じゃないけど予期せぬ生物が釣れちゃったりとか思ったけど…みんな釣れているのに何で???
釣堀のオーナーも釣ってもらおうと必死にアシストをしていただいたのに
結果は、なんと!ボウズ (ノ◇≦。) ビェーン!!
一匹も連れなかったのは誰のせい!オーナー曰く「予約しなくちゃ釣れないよ。突然しかも大勢できても仕込んでないよ!」って事は予約しなかったみんなが悪いんだ。
釣れなかった自分だけが悪いわけではない!! 皆様、コチラに行かれる場合には是非ご予約を!!!
自分だけ釣れない

未分類 |  体験 |  温泉 |  番外編 |  見る |  食べる | 
伊東ホテル聚楽

〒414-0055 静岡県伊東市岡281番地
[代表電話] 0557-37-3161 / [FAX] 0557-36-3455
[予約直通] 0557-38-6166 / [予約受付時間] 9:30~18:30
[mail] ito@hotel-juraku.co.jp