標高1,800mには忘れられない星空がある「万座ホテル聚楽」

  • Twitter
  • Instagram

新着情報

【夕食バイキング】今月のおススメ料理

★2019年10月31日 午後4時

 聚楽の気温 プラスの7℃

万座ホテル聚楽の11月の夕食のおススメは、

『ギンヒカリスモークのフジッリ (ショートパスタ)』

ギンヒカリスモークのフジッリ(ショートパスタ)

フジッリ(ショートパスタ)に、スモークした群馬県産のギンヒカリ(最高級ニジマス)をたっぷり載せ、
初雪をイメージしてパルミジャーノ・レッジャーノチーズをまぶし、
アクセントで温玉をトッピングしております。
このパスタに合う、ということで赤ワインも用意してもらいました。
(赤ワインは別途¥500です。飲み放題メニューには含まれております。)

私も試食してみましたが、フジッリの弾力ある食感にギンヒカリスモークの滑らかな舌触り。
風味豊かなパルミジャーノチーズが香り、とても美味しかったです。
アクセントの温玉もパスタによく絡んで美味しいですね。
このフジッリというパスタはイタリア語で「Fusilli」と綴り、らせん状で具材やソースがよく絡むショートパスタだそうです。

11月に万座ホテル聚楽にお越しの際にはぜひ、こちらの『ギンヒカリスモークのフジッリ』をご堪能ください。



★2019年9月30日 午後5時

 聚楽の気温 プラスの12℃

最近はすっかり秋の気候となり、空を見れば『うろこ雲』、『いわし雲』が見渡せます。
いずれも秋の季語となっており、秋を表現する俳句などでもよく使われてますね。

そして、10月は行楽シーズン。
万座ホテル聚楽は既にたくさんのお客様にご予約いただいております。ありがとうございます。
そんな行楽シーズン真っ只中の10月の夕食のおススメは、

『山女の西京焼き』

山女の西京焼き


山女(ヤマメ)は群馬産を使用。

少し山女(ヤマメ)について・・・
山女とはサケ科の淡水魚(川魚)。全長30cmから40cm。
山女の字の由来は、女性のようにしなやかな姿で、
山の川に棲息することから「山の女」の意味で「ヤマメ(山女)」になったとする説があります。

肝心のお味ですが、
プリプリの身に程よく脂がのっており、お味噌がよく染み込んでいて非常に上品なお味でした。
先月の回鍋肉に続いて、こちらもご飯が進むお味ですね。

10月に万座ホテル聚楽にお越しの際には是非、こちらの山女の西京焼きをお召し上がりください。



★2019年8月22日 午後6時

 聚楽の気温 プラスの14℃

ここ最近の万座温泉は、急に雨が降り出したり不安定な天気が続いております。
お越しの際には傘をお持ちいただくとよろしいかと思います。
気温は日中20℃前後、朝晩は15℃前後となっております。
到着されたお客様は口々に『涼しい、涼しい』とおっしゃっております。
夜なんかは窓を開けて網戸にして眠ると気持ちいいですね。

そしてもうじき9月。
万座ホテル聚楽の9月の夕食のおススメは、

『嬬恋キャベツの回鍋肉(ホイコーロー)』

 
嬬恋キャベツの回鍋肉(ホイコーロー)

地元嬬恋のキャベツと、群馬県産の豚肉を使用、と地元食材にこだわった一品です。
私も試食してみましたが、甘辛いタレが豚肉とキャベツによく絡まって辛旨かったです。
特にキャベツは火が通っているのにシャキシャキの食感。
これはご飯がすすむ味ですね!!

9月に万座ホテル聚楽にお越しの際にはぜひ、こちらの『嬬恋キャベツの回鍋肉』をお召し上がりになって、
白ご飯もたくさん召し上がってくださいね♪





★2019年6月25日 午後1時

   聚楽の気温  プラスの15℃


梅雨真っ只中でございますが、本日6月25日の万座温泉はカラっと晴れた晴天です。
気温は午後1時時点で15度。東京等の都市部より約10度低いですね。

そんな万座温泉にある万座ホテル聚楽の7月の夕食のおススメは・・・
『赤城地鶏とイチジクの焼きブラックカレー』

赤城地鶏とイチジクの焼きブラックカレー 赤城地鶏とイチジクの焼きブラックカレー

群馬の赤城地鶏を使用。
その上にチーズを乗せ、一番上にはイチジク。
炭の粉末を使ったブラックカレーを注ぎ、グツグツ焼いて出来上がりです。
(※右の写真は特別にお皿に盛っていただきました。
バイキング形式でのご提供ですので通常は左のお写真でのご提供となり、お客様ご自身でお取りいただく形となります) 

試食してみましたが、地鶏の弾力ある食感にスパイスの効いたブラックカレーと、とろけたチーズの絶妙な絡まり。
そして、あとからくるイチジクの甘味。
これは本当に美味しかったです。
ブラックカレーもスパイスはピリッと効いてますがそんなに辛くなかったので、辛いのが苦手なお子様もぜひ食べてみてください。
7月に万座ホテル聚楽にお越しの際にはぜひ、こちらの料理を召し上がって、カレーパワーで美味しく元気になってください。
(※こちらのお料理は7月1日からのご提供となります)





★2019年 5月30日 午後5時

   聚楽の気温  プラスの13℃


各地では毎日30度越えの猛暑日が続き、先日はなんと北海道の佐呂間町で39.5度を記録。
5月なのに記録的な暑さが続いております。
万座温泉でも日中は20度前後になりますが、夜は5度以下になることもあり、さすが山の上にあるだけに気温の寒暖差が大きいですね。

そんな万座温泉にある万座ホテル聚楽の6月の夕食のおススメは、

『夏野菜の天ぷら』

夏野菜の天ぷらの素材はナス・オクラ・スナップエンドウ・ズッキーニ・大葉 の5種類
(※仕入れの都合上、毎日すべての種類をお出しすることはできません、ご了承くださいませ)

どれもカラっと揚がっていますが、野菜の味もしっかりと感じることができます!!
ズッキーニの天ぷらは初めて食べたのですが、ズッキーニ特有のほのかな苦みも感じましたね♪

左下が夏野菜の天ぷらの素材の写真、右下がカラっと揚がった天ぷらの写真です。
夏野菜の天ぷらの素材 夏野菜の天ぷら
ビールと一緒にカラっと揚がった天ぷらを食べるのも最高に美味しいですね!!


夏野菜の天ぷらとビール 



6月に万座ホテル聚楽にお越しの際にはぜひ、こちらの『夏野菜の天ぷら』をお召し上がりください♪





★2019年 4月28日 午後6時

   聚楽の気温  プラス!!の1℃

 4月も終わるというのに、昨日4/27の万座温泉は雪に見舞われました。
 さすが標高1,800mなだけあり、下界とは天気も気温も全く違いますね。
 本当に異世界です。

 そんな万座温泉にある万座ホテル聚楽の5月の夕食のおススメ料理は、

 『根曲がり竹の木の芽味噌田楽』

 和風出汁を含ませた根曲がり竹を焼き、木の芽の色素と風味を含ませた味噌を上に乗せる、という料理です♪

 私も試食してみましたが、根曲がり竹のコリコリした歯ごたえに、爽やかな木の芽の香りの味噌がマッチして美味しかったです。
 そして、和食には日本酒、ということで、こちらの料理に合う『真澄』という日本酒も用意していただきました。
 こちらの日本酒は甘くて飲みやすいですね♪ あまりお酒が飲めない私も飲めました。
 (※日本酒は別料金となります)

  根曲がり竹の木の芽味噌田楽。日本酒とご一緒にどうぞ。

ちなみに、根曲がり竹というのはチシマザサ(千島笹)の若芽でタケノコの一種。
信越から東北にかけては『根曲がり竹』、山陰では『姫竹』と呼ばれているそうです。
信越や東北は雪が多く、チシマザサの若芽が芽を出し始めた頃は雪の重みで根本が曲がっているものが多いことから『根曲がり竹』という名称がついたそうです

5月に万座ホテル聚楽にご宿泊の際には是非、夕食で"春の風味"を味わってください♪




★2019年 3月30日 午後1時

聚楽の気温 マイナスの3°C
万座では雪が降る日は少なくなってきており、道路の雪もほぼなくなってきておりますが、
山肌にはまだまだ残雪があり、当館自慢の露天風呂からはまだまだ雪景色を望むことができます。

さて、4月になろうとしている今日でも冬の様相を呈している万座ホテル聚楽にも春の訪れがきました。
4月の夕食に【春の山菜の天ぷら】が登場いたします!!
山菜の内容は『ふきのとう』、『タラの芽』、『こごみ』、『うるい』、『行者にんにく』となっております。
(※毎日、全てが出揃うわけではなく、日替わりで何品かずつとなります。ご了承ください。)

左下の写真は山菜の素材の写真で、下側から反時計回りにふきのとう→タラの芽→こごみ→うるい→行者にんにく となっております。
右下の写真がカラッと天ぷらで揚がった後ですね。
天つゆでも抹茶塩でも、お好みでどうぞ♪

4月に万座ホテル聚楽にお越しの際にはぜひ、夕食で山菜の天ぷらをお召し上がりになって、万座の春を感じてください。
山菜の天ぷらの素材 山菜を天ぷらで揚げた後