TOP > 周辺の観光案内 > 万座温泉 > 毛無峠トレッキングコース(登山口まで車15分)

万座ホテル聚楽

周辺の観光案内

<<「万座温泉」目次に戻る

毛無峠トレッキングコース(登山口まで車15分)

レポート日時:2008年09月30日 / レポート:manza_user


破風岳とセットでどうぞ ~ 毛無峠トレッキングコース

破風岳を無事下山。いいお天気だし、まだまだ日も高い。
せっかくだという事で、駐車場を挟んで対面にある小高い丘のような山にも挑戦。
山頂らしき部分も見えているし、破風岳に比べたら楽勝楽勝。さぁ出発!
毛無山
鉄塔
昔ここから群馬県側に下った所に小串硫黄鉱山という硫黄の採掘場があって、そこで採掘された硫黄を索道で山を越え長野県まで運んでいたんだそうです。
今はもう閉山されていますが、当時の硫黄ブームを偲ばせる索道の鉄塔がいくつか残っていました。
そんな索道の鉄塔を眺めつつ進んでいくうちに気がついた…結構きついぞ。
楽勝に思えたその斜面は実はかなりの急斜面で、しかも小石がジャラジャラあって足もとをとられる。破風岳よりも辛い!
でも、山頂もすぐそこに見えているしここで諦めるわけにはいかん。ゼェーゼェー言いながら一気に登っていく。
よっしゃ山頂に到着!標高1,823メートル。
実際に登っていた時間は約10分ほどだっただろうか?甘く見ていた分だけ大変だった。しかしその分達成感もあったけど。
その達成感に浸りながら景色を眺めていると、んっ?なんか先の方にまだ道が続いているが…
もっ、もしやここは山頂ではないのか?まだまだ先へと続く道の途中なのか?
続いている道を進みたい誘惑に襲われる。しかしもう体力が…今日は泣く泣く断念して下山。
毛無山山頂
毛無山
下りも安心してはいられない。登りで苦労した急斜面&小石ジャラジャラがまた待っている。
少しでも気を抜くと、ズルズル~っとすべってそのまま一気にふもとまで転がり落ちてしまいそう。
慎重に1歩1歩足元を確かめながらの下山。
後で聞いた話では、我々が登ったのは「毛無峠」といってその先に続く「御飯山」(注=おめしやま・ごはんやまではありません)への通過点に過ぎなかったのでした。
御飯山へは毛無峠からさらに約1時間位かかるんだそうです。チャンスがあったら挑戦しなければいかんなぁ~

(取材日 2008年9月24日)

毛無峠トレッキングコース
登山口まで自家用車以外の交通機関はありません
ホテルからの送迎も行っておりませんのでご了承下さい。
※冬期閉鎖です。

万座ホテル聚楽

〒377-1528 群馬県吾妻郡嬬恋村干俣2401
[phone] 0279-97-3535 / [fax]0279-97-3147
[予約受付時間] 9:00~20:00
[mail] manza@hotel-juraku.co.jp