TOP > 周辺の観光案内 > 山ノ内町 > 横手山スカイレーターで雲の上まで(ホテルよりお車で30分)

万座ホテル聚楽

周辺の観光案内

<<「山ノ内町」目次に戻る

横手山スカイレーターで雲の上まで(ホテルよりお車で30分)

レポート日時:2015年10月22日 / レポート:manza_user


四季折々の景色が楽しめる 「横手山」

 

 楽して登る♪リフト組
 

「スカイレーターって何だ?」

横手山山頂に向かうにはいくつかコースがあります。その中で横手山といえばっ!
スカイレーターです!!
なんとなくお分かりでしょうがスカイ(空)+(エスカ)レーターです。乗り口ではポンチョが貸してもらえます。
天気は良かったのですが山頂は10月とは思えない寒さなので防寒具として大助かりです。
スカイレーターに乗ってゆ~っくりと登っていくと左手には紅葉で色づいた志賀高原が見渡せました。
秋は紅葉、他の季節は高山植物を眺めることができ夏のニッコウキスゲなどが有名です。200mを5分かけて登っていくのでのんびり景色が楽しめます♪

 

 

 スカイレーター

志賀高原が見渡せます

スカイリフトから雪のないリフトは新鮮です  

「リフトに乗って山頂へ」

すみきった秋晴れの空のもと、スカイリフトに乗って山頂へ!
マイナスイオンがいっぱいの森の中をゆっくりと登っていくます。
振り向けば大自然のパノラマが広がっていて、
おいしい空気を胸いっぱい吸い込んで、心も体もリフレッシュ♪
このスカイリフトは観光専用なのか、地面にわりかし近くて安心です。
アッという間(約5分)に山頂に到着です。
早く登って山頂をゆっくり楽しみたい方やお時間のない方、
体力に自信のない方、絶景をご堪能したい方にはおススメです。

 

 

 足腰に自信あり!登山組
 

「最初がきつい岩場登り」
 
標高2100mにある横手山ドライブイン、普通はここから文明の利器を使って山頂へ向かう。
だが我々は「徒歩」を選択してみた。(他に登る人は見当たらない。)

斜面を登ってすぐに後ろを振り向くと絶景の大パノラマが広がってきた。
「すごい景色だね~」皆がそう言う。

ゴツゴツした岩がゴロゴロしているの急な斜面、
これは結構キツイがつらいのは最初の15分だけ。
まだまだ十分体力残っています。

 

登山組!

ここだけ急な登山道

まさかの遭遇

 

「意外と楽な山中歩行」

最初のきつい登り道を終えた所までは目の前に頂上が見えており「もうあと少しだ。楽勝じゃん」と思っていたのですが、その後は山中を蛇行するように入ってしまい、頂上も見えない。登りも緩やか。ちょっと退屈です。少し残った雪(霜?)の上を歩いて行くと下から頂上まで上がることのできるスカイリフトと3度遭遇。

3度目をくぐったところで、まさかの仲間(→自らの足で頂上を目指すことから逃げ出した者達)と遭遇。ちょっと興奮できます。


しかし、この時は更に興奮する場面がこの先待ち受けていようとは露程も思っていない一行でした。

 

 

「何だこの匂い?」

絶妙なタイミングで会えたリフト組の仲間たちとの笑顔のあいさつ。
登山組もなだらかな歩行が続き気持ちに余裕が出てきました。うっすらと積もる雪を踏みしめながら写真を撮っていると・・・。
んっ?なんだ、この匂いは。なんか動物園の獣舎のような。
と騒ぎ始める。こと数分、「なんだこりゃ?」そこには何やら茶色い物体。
そう、野生動物のウ○チを発見!でもその時にはまだ、この後恐怖の時間を
過ごさなくてはいけなくなることは知る由もなし。
しばらく進んだその時、あっ!また臭い「何なんだろう、すごい匂いだ」
と言った仲間の足元にあったのは、雪の上に残った10センチ四方の
丸い「熊」のものらしき足跡!!
背筋がゾクッっとしたと同時に心なしか大きな声で話し始める仲間(笑)
キョロキョロと辺りを見回しながら生きた心地がしないままに上ること
10分ほどで「やったぁ!」山頂が見えました。
思いもよらぬ恐怖体験に笑顔がこぼれる登山組。
じゃぁ、記念写真でも・・・・ん?なんだこれ?
と並んだみんなの足元にはさっきよりも大きなウ○チ!?
じゃあ記念にこれも記念にハイポーズ!
みなさん、やっぱりクマよけ対策は考えておきましょうね。

 

 

足元には雪が

踏破!

雲の上のパン屋さんどれにしようかな~♪これに決めた!  

「パン屋さんだ!」 

何度かテレビで取り上げられている雲の上のパン屋さん
その名も「横手山頂ヒュッテ」
テレビで見た通りと感激。標高2305Mある山頂の気温は2度。
登山組と合流後、早々にレストランの中へ。暖かい店内は、食事をする人たちで賑わっていました。
店頭には、クルミやレーズンが練りこまれたパンやチーズや野沢菜が入ったパンなど10種類位並んでいました。その中から食べたいパンをチョイス。
そしてなかなか見る事のないレトロな瓶ジュースの販売機でジュースを買いテーブルへ。
各々に選んだパンとジュースで軽めの食事を済ませました。ここのレストランには、ボルシチやきのこスープ等のメニューもあるので、窓から見える景色を楽しみながら食事ができますよ。※レストランメニューは、売り切れる場合もあるそうです。また、季節によって営業時間が変わるそうなのでご注意を。

 

 

「渋峠へ下りてみよう」

横手山頂ヒュッテより渋峠ロマンスリフトで下ります。
スキーシーズンとは違う雰囲気に、澄んだ空気と高原の風がおいしく、口が何故かパクパク。
2000mの高地で、さらに高所にリフトが位置している為、スリルもある。。。
また、ペアで乗れるのでカップルにはいいかも。
我が班は、渋峠とは反対のリフトで上りましたが、コチラのリフトは、景色は若干負けますが、迫力は勝るし、なんといっても12分間という長めの時間がポイント高。
渋峠に着くと、群馬と長野の境界レストランが出現し、野菜なども販売しているのも癒されます。

 

 

ながーいリフト有名な県境のホテル
■横手山スカイレーターhttp://yokoteyama2307.com
住所:長野県下高井郡山ノ内町志賀高原横手山
営業時間:8:45~16:00
スカイレーター&リフト料金
往復 大人1000円 子供800円
片道 大人 600円 子供500円
スカイレーター昇り口
■横手山頂ヒュッテ
http://www.yokoteyama.com/
TEL:0269-34-2430
営業時間・定休日は天候季節で変動致しますので公式HPでご確認ください。
手作り感あふれてます!
   取材日 2015.10.09

万座ホテル聚楽

〒377-1528 群馬県吾妻郡嬬恋村干俣2401
[phone] 0279-97-3535 / [fax]0279-97-3147
[予約受付時間] 9:00~20:00
[mail] manza@hotel-juraku.co.jp