TOP > 周辺の観光案内 > 中野市 > 憧れていたあの電車に乗れる「長野電鉄」(ホテルより車で50分)

万座ホテル聚楽

周辺の観光案内

<<「中野市」目次に戻る

憧れていたあの電車に乗れる「長野電鉄」(ホテルより車で50分)

レポート日時:2016年09月22日 / レポート:manza_user


憧れていたあの電車に乗れる 「長野電鉄」

長野電鉄が、廃車になった成田エクスプレスや小田急ロマンスカーを引き取り改造して走らせているということで、みんなで乗車しに行きました。

1-1

1-2
駅に停車しているその姿は、懐かしい「成田エクスプレス」。
今は「スノーモンキー」と名を変えて長野と湯田中間を走っています。
都内に住んでいても、乗ることのなかったその電車。まさか長野で乗ることができるなんて!
テンション上がります。
目的地までの切符を買って、発車間近で乗り込みました。3両編成で座席は自由。
3号車に乗り込み、なかなかの混み具合と思ったのも束の間、何故か車両前方はガラ空き。
理由は・・・
座席が固定の為、車両の半分は進行方向とは反対向きのままの為でした。
それでもシートの座り心地は良く、窓から見えるのどかな風景でゆったりとした気分になれます。
1-3 1号車には個室席「Spa猿~ん」があります。こちらは個室料金1000円+人数分の特急料金で利用できるそうです。

定員は4名。事前予約はなく当日販売のみ。

プライベートな空間は、気の合う仲間と盛り上がる事間違いでしょう。我々は今回、乗車時間が短かったので断念しました。

降りましたよ~「信州中野駅!」

改札で何かが目に飛び込む。

【長電限定パッケージせんべい】です。

えのきとしめじの種類があり、ブラックペッパー味とうまっ塩味があります。

改札にいる「駅員さん」にお金を払うというマニアックなシステム。

何だかワクワクしてきます。

110円なので気軽に何袋も買っちゃいます。

同コーナーに産直の「なめこジュレ(130円)」もあり、そのまま頂きましたが、これも美味。

長野駅など数駅と特急の中でしか販売してないそうです。

限定品はトクした気分になりますよね~。

3-1

3-2

3-3

2-1

長野電鉄1000系、愛称ゆけむり長野~湯田中を約45分で走ります。

もともとは、新宿~有名な温泉郷の箱根を結ぶ電車だったそうです。

乗ったことはないけど名前だけは知ってるという方も多いのではないしょうか?

そうです!有名な小田急ロマンスカーです。

場所は変わりましたが、都市~温泉郷を結ぶ観光特急の役割は当時のまま、

そんな元ロマンスカー“ゆけむり”に皆で乗車してまいりました。

2-2

2-3

ゆけむりは全て自由席、前面展望席も早い者勝ち!!!!

とあれば、やっぱり狙いは“展望席”でしょう。

湯田中→信州中野と2100スノーモンキーに乗った帰りなので、

1000ゆけむりに乗車するのは、まさに途中乗車の信州中野湯田中コース。

空いてるかな~・・・とソワソワしていた私たちですが、

無事に“展望席”をゲットできました☆

座席は2100スノーモンキーの赤と黒のビシッッとクールなものに対し、

1000ゆけむりはどこか懐かしさを感じる、赤と青の座席。

非リクライニングで少し硬めのシートがそのまま並んでいます。

この車内は、ほぼロマンスカー時代の原型をキープしているそうです。

(運転士さんも小田急時代と同じく、車内のはしごを上って運転席に入るそうです)

ゆったり流れる自然多めの景色を、展望席ならではの全面に映し、電車は進みます。

一駅なのであっという間に到着してしまいましたが、終点到着後こそ忘れちゃいけない。

“ゆけむり”の姿を、終点の湯田中ならではの、正面からの撮影です!!!!

私たち以外にも観光客らしき方々が

「あ!これロマンスカーだ!!」とか

「これに乗りにきたんだよ~」と

写真を撮っている姿をけっこう見かけましたよ~☆

撮り鉄役2名は、残って動画の撮影です。

10;13発の2100系「スノーモンキ-」を激写!

長野の山奥を旧成田エクスプレスが横切るなんて

なんとも不思議な光景。

みんなが帰ってくるまで約1時間、何をするかは決まっています。

湯田中駅併設「楓(かえで)の湯」さんで温泉三昧です。

入浴料は300円、おっと!風呂に入る前にちょうど普通列車が入線してきた。

休憩スペースが駅のホームのような光景。

温泉は無色透明、露天風呂もあってさっぱりできます。

<リンゴサイダーもさっぱりしてます>

1000系「ゆけむり」は湯田中駅11:17着なので

5分前に1名退館、外から撮り鉄、

もう1名は館内から撮り鉄。

湯田中駅に列車が到着するとレトロなメロディー

「美し(うるわし)の志賀高原」が流れ、

これがまたいい雰囲気を醸し出しております。

4-1

0-1

長野電鉄

特急ゆけむり号

特急スノーモンキー号

長野駅~湯田中駅まで運行中

他にも貸切列車など観光列車がございます。

取材日 2016.09.09

長野電鉄が、廃車になった成田エクスプレスや小田急ロマンスカーを引き取り改造して走らせているということで、みんなで乗車しに行きました。1-2

万座ホテル聚楽

〒377-1528 群馬県吾妻郡嬬恋村干俣2401
[phone] 0279-97-3535 / [fax]0279-97-3147
[予約受付時間] 9:00~20:00
[mail] manza@hotel-juraku.co.jp