谷川岳のふもと 利根川の清流を臨む水上温泉街の湯宿

  • Twitter
  • Instagram
main

じゅらく探検隊が行く!EXPEDITION

じゅらく探検隊が行く!

女性のためのパワースポット

レポート日時:2019年10月08日 / レポート:minakami_user

赤城山の大沼湖畔にある赤城神社に行ってきました。
photo
赤城神社

「赤城神社」は全国に約300社あるようで、こちらの神社は他と区別する為「大洞赤城神社」とも呼ばれているそうです。
昭和45年まで大洞に鎮座していましたが、小鳥ヶ島にご遷座されました。
photo
早速参拝しようと、まずは湖の上に架かる朱塗りの啄木鳥(きつつき)橋を目指しました。
photo
が、残念。
現在は老朽化の為、通行止めで渡ることが出来ませんでした。
隊員は湖畔沿いに来た道を戻り、駐車場側から参拝することにしました。
photo
中は朱色が鮮やかな手水舎と拝殿になります。 手を清めて参拝します。
photo
こちらの神社には30もの神様が祀られているそうで、様々なご利益があるようです。 古くから女性の願いを叶え、お参りすると美しい子供を授かるとも云われているそうです。 これは伝説より、赤城姫と淵名姫が赤城大明神に召され赤城の神様となり、女性の願いを叶えてきたと云われているそうです。

まさに女性の為のパワースポット!
photo
社務所には様々なお守りがあり、どれも綺麗な刺繍が施されていました。中でも「姫守」は色や絵柄が数種類もありました。御朱印帳も素敵でしたよ。
photo
鯉の餌も販売しているので、参拝後に湖に奉納された緋鯉に餌やりをしました。 中には黄金色の鯉も泳いでいたので、立ち寄られた際は探してみてください!
photo
旧赤城神社

小鳥が島の赤城神社から湖畔沿いを10分ほど歩いたところにあります。

到着後目に入ったのは「旧赤城神社修復工事中」の看板。
またしても残念。
photo
設立年代は不明で元々は赤城山と湖の神様をお祀りし人々の守護神として信仰されていたが、江戸時代になり相殿に徳川家康をお祀りしている。1642年には三代将軍徳川家光が社殿の再建を命じられ、それから300年以上赤城山の厳しい気候に耐え忍んだそうです。
徳川家康や家光など誰もが耳にしたことのある歴史上の人物が関係してると聞くとテンションも上がってきますね!
photo
現在の境内と比べるとだいぶ小さい気がします。
どことなく神聖な場所な気がするのは木々に囲まれているからなのでしょうか。
photo
そして大沼湖畔には弁天宮が祀られています。
この日は大沼の水量が減っていたため陸地になっていますが本来は水の中に浮かぶようにあるそうです。
水量が増えて鳥居だけになってるのも見てみたいですね!
きっと神秘的なはず…!

赤城神社

URL
http://akagijinja.jp/
住所
〒371-0101  群馬県前橋市富士見町赤城山 4-2
電話
027-287-8202
駐車場
有(参拝者専用)
アクセス
みなかみホテルジュラクよりお車で約60分
取材日
2019年10月08日