TOP > 周辺の観光案内 > ぐんま県内 > 草津の湯畑(真田ゆかりの地・パート8) お車で約2時間10分

水上ホテル聚楽

周辺の観光案内

<<「ぐんま県内」目次に戻る

草津の湯畑(真田ゆかりの地・パート8) お車で約2時間10分

レポート日時:2015年12月21日 / レポート:minakami_user


~草津に歩みし百人の碑~
「豊臣秀吉や徳川家康も行きたかった草津の湯」

草津に歩みし百人

日本を代表する草津温泉。湯畑の周りの手すりに、草津温泉を訪れたその時代を代表する偉人達の名が刻まれています。

豊臣秀吉も、文禄4(1595)に草津へ行くための触れを出しています。道中の宿泊先や供の人数なども決まり、すべての手配が完了したが、残念なことに直前で中止となってしまったそうです。さらに豊臣秀吉は徳川家康に草津への入湯を勧めています。しかし、当時の草津は徳川と微妙な関係にあった真田氏が支配していたためか、家康が草津を訪問することはなかったそうです。れでも草津の湯を江戸まで運ばせたという話もあるから、興味はあったのでしょう。

また、関ヶ原で散った名将・大谷吉継も文禄3年(1594)に入湯。直江兼続に宛てた書状に「草津の湯は眼に効いた」と書いたそうです。大谷吉継の娘は真田幸村に嫁いでいるので、あるいは草津で幸村が接待にあたったかもしれないですね。

さらに加賀百万石の開祖・前田利家は死の1年前、慶長3年(1598)の4月から5月にかけて一族を引き連れ、大掛かりな湯治を行なっています。

草津に歩みし百人
草津温泉観光協会

住所:群馬県吾妻郡草津町大字草津3-9

電話:0279-88-0800


未分類 |  なし |  体験 |  地域 |  新潟県 |  ぐんま県内 |  みなかみ町 |  温泉 |  番外編 |  真田ゆかりの地 |  見る |  食べる | 
水上ホテル聚楽

〒379-1617 群馬県利根郡みなかみ町湯原665
[代表電話] 0278-72-2521 / [fax] 0278-72-2361
[予約受付時間] 9:00~20:00
[mail] minakami@hotel-juraku.co.jp