TOP > 周辺の観光案内 > ぐんま県内 > 長野原合戦之地(真田ゆかりの地・パート7) お車で約110分

水上ホテル聚楽

周辺の観光案内

<<「ぐんま県内」目次に戻る

長野原合戦之地(真田ゆかりの地・パート7) お車で約110分

レポート日時:2015年12月21日 / レポート:minakami_user


~草津温泉の玄関口!長野原~
「西吾妻最大の合戦だったといわれる長野原合戦」

永禄6年(1563)9月下旬。長野原城には真田幸隆の舎弟〈常田新六郎〉が大将でしたが、農繁期で兵のほとんどが家に戻り農業をこなしていました。そこに北条方の斉藤越前守は白井(子持村白井城主 長尾氏のこと)に加勢を要請し、総勢800余騎を引きつれ長野原城を攻めることにしました。斉藤越前守の部隊が大声を上げて川を渡ってくるのを見た〈常田新六郎〉はこらえかね、自ら諏訪明神の前まで出て追手部隊を防ごうとしましたが、ついに討たれてしまいました。
長野原合戦
長野原合戦 松尾芭蕉が読んだ「夏草や、兵どもが夢のあと」を、ふと思い出しながら諏訪神社にご参拝です。

戦国の時代は、現代とは想像もしがたい時代だったんでしょうね。

長野原町諏訪神社

住所:群馬県吾妻郡長野原町長野原241


未分類 |  なし |  体験 |  地域 |  新潟県 |  ぐんま県内 |  みなかみ町 |  温泉 |  番外編 |  真田ゆかりの地 |  見る |  食べる | 
水上ホテル聚楽

〒379-1617 群馬県利根郡みなかみ町湯原665
[代表電話] 0278-72-2521 / [fax] 0278-72-2361
[予約受付時間] 9:00~20:00
[mail] minakami@hotel-juraku.co.jp