TOP > 周辺の観光案内 > ホテルから○○分で行けるスポット【観光情報】 > 映画「男はつらいよ」の舞台、葛飾柴又 《ホテルから約40分》

お茶の水ホテルジュラク

周辺の観光案内

<<「ホテルから○○分で行けるスポット【観光情報】」目次に戻る

映画「男はつらいよ」の舞台、葛飾柴又 《ホテルから約40分》

レポート日時:2017年02月15日 / レポート:ocha_user


映画「男はつらいよ」寅さんの故郷です

【レポーター】じゅらく探検隊
柴又駅を出ると、広場の中央に寅さんの銅像が立っています。

参道の方を振り返る姿に哀愁が漂っていました。

帝釈天に向かうまでの参道では、佃煮や塩せんべい、名物草だんごが売られ賑わっていました。

何件かある食堂には、鰻や鯉などの川魚料理や天婦羅のメニュー。

なんともお腹が空いてきます。

先ずは帝釈天へ参拝に・・・

この日は日曜日なので、大勢の人で賑わっていました。

帝釈堂は、人の病を癒す板本尊が祀られています。お堂の周囲には、法華経説話の彫刻が飾られています。

境内の奥には庭園もあり、のんびり過ごすことができます。

こちらの彫刻ギャラリーと庭園の共通参拝料は、大人400円との事です。

参拝を終え、参道をぶらぶら。寅さんでお馴染みの『とらや』さんがあります。

そこには[焼草だんご]の文字が・・・珍しいので1本購入。このお団子は、醤油で焼かれ海苔がまぶされ、磯辺焼き風です。甘いのはちょっと・・・という方にお勧めですね。

但し、土・日・祝日限定で、7・8月は販売していないそうですよ!

お腹が空いているので、駅の傍にある老舗『ゑびす家』さんに寄りました。

気になっていた[鯉のあらい]と[うな重]を頂きました。ごちそうさまでした!

当ホテルから・・・

東京メトロ千代田線「新御茶ノ水」駅 → 直通常磐線各停「金町」駅乗換 → 京成金町線「柴又」駅下車

【 帝釈天題経寺】
〒125-0052 東京都葛飾区柴又7-10-3

【門前とらや】
TEL 03-3659-8111 〒125-0052 東京都葛飾区柴又7-7-5

【ゑびす家】
TEL 03-3657-2525 〒125-0052 東京都葛飾区柴又7-3-7


お茶の水ホテルジュラク

〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町2-9
[phone] 03-3251-7222 / [fax]03-3251-7447
[mail] ochanomizu@hotel-juraku.co.jp