お茶の水ホテルジュラク

周辺の観光案内

<<「ホテルから○○分で行けるスポット【観光情報】」目次に戻る

歩き隊が追う 『神田川クルーズ』

レポート日時:2017年08月21日 / レポート:ocha_user


~ ホテルから歩き続けて約2時間? ~
 約90分の遊覧船を追いかけて

遊覧船を陸から写真で捉える「徒歩」班として、東京を歩く(電車も使用可)のが私の任務。
船の出発を日本橋で見送ってから、それぞれ持ち場の橋に移動開始!

間に合った「後楽橋」、そして「水道橋」
遊覧船=水運。
よくよく考えてみれば徒歩に劣る訳がありません。おかげで大都会東京を、田舎ものが猛ダッシュ(笑)
水運の便利さを、逆に実感いたしましたとさ。
焦った「昌平橋」と「万世橋」

途中クルージング中のメンバーからLINE(ライン)で連絡が入る。
「○○橋通過!」どの辺だ?田舎もんには場所がまったくわからない? まぁ90分も乗ってるんだからまだ来ないだろうなんて、のん気に休憩タイム中。 続いて「まもなく水道橋」…えっ!!もう水道橋なの!
慌てて持ち場の昌平&万世橋に移動開始。

今か!今か!!待つこと約10分。

地下鉄なのに一瞬地上を走る丸の内線の赤い電車の下から登場!!

昌平橋からは「お茶の水ジュラク」や「聚楽グループの飲食店」の目の前を通過。
橋の上の通行人の方たちも下の船に気がつき、楽しそうに眺めている。

船からも大勢の乗客が手を振っていて、なんだか楽しい気分になった。

みんなを乗せた船はそのまま旧万世橋駅の赤レンガ横目に下流へと向かっていくが、思った以上に船のスピードは早く、アッっという間に見えなくなってしまいました。
って事で「神田川クルーズの追跡調査」は以上となります。
ここが限界?「神田ふれあい橋」

水道橋から2駅の秋葉原へ急いで移動。
知る人ぞ知る、歩道だけの裏道ならぬ裏橋で待ち伏せ ってオイオイもう来たのかい!

次は浅草橋、走って追いかけたが追いつかず、追跡はここで断念いたしました。

取材日 2017年05月07日

お茶の水ホテルジュラク

〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町2-9
[phone] 03-3251-7222 / [fax]03-3251-7447
[mail] ochanomizu@hotel-juraku.co.jp