実演中心バイキングと泉質異なる3本の源泉「飯坂ホテル聚楽」

main

じゅらく探検隊が行く!EXPEDITION

じゅらく探検隊が行く!

大自然の中で美味しい料理とみんなの笑顔

レポート日時:2017年10月18日 / レポート:iizaka_user

暑い日が続くと食欲も・・・無くなる・・・。
毎年夏は暑いもんだが…ん?そうだ、流しそうめん!流しそうめんが食べたい!!
暑さを忘れる水の音!ひんやりとしたさっぱりそうめん!
photo
福島にはあるじゃないですか~。
飯坂ホテル聚楽から車で40分。曲がりくねった山道の先に見えてくる吾妻庵。
湧き水が流れる滝を目前に、その湧き水を使った流しそうめんが楽しめます。
photo
食べたいと言っておきながら、流れるそうめんを食すのは初めて。
でも、意外と本格的な流しそうめんを食べた事がある人って少ないんじゃないですか?
そんな事もあり、ちょっとテンションが上がっております。
 
【 右利きレーン 】
「流しそうめんセット」は山からの湧き水で育った新鮮なクレソンの天ぷら、身のふっくらしたニジマスの塩焼きもいただける贅沢なコースです。
photo
そうめんが流れてくるまでお預け状態が続く。
photo
温かいうちに!と食べだすメンバー
photo
それぞれの席のテーブルの真ん中にそうめんが流れるレーンがあり、滝を眺めながら流しそうめんを食べることが出来ます。
ちなみに右レーンは右利きの方に優しいようで、スッと箸を入れるだけでサッと取ることができました。
それと・・・実は流れてくるものがそうめんだけではないんです。
コロコロコロ・・・明らかにそうめんには見えない固形物が。これは一体?恐る恐る箸ですくいあげます。
photo
そう、固形物の正体はなんと「梨」だったのです!
流れてくるものがそうめんだけだと思っていた私たちは、まさかの不意打ちにびっくり!
どうやら運が良いと今回のように「何か」が突然流れてくるようです。何かはそのときによって変わるそう。
【 左利きレーン 】
お、水が流れてきた!な、なんだこの緊張感は・・・。
視線を目の前のレーンに集中、待ちに待ったそうめんが登場!食うぞぉ!!
ここで私は自分の重大なミスに気付いてしまう・・・。
私から見て水は右から左に流れている・・・。
本来流れてくるそうめんを箸で受け止めるだけで良いものを、右利きの私は水の流れに合わせてそうめんをすくい取る高度な技術が求められるではないか!
私の席は左利きの人が座るべき席だったか・・・。ははは・・・。
photo
あ・・・。
くねくねと手首をひねり悪戦苦闘。(汗)そうめんが箸をすり抜ける!
お、コツがつかめてきたぞ!よし、半分はすくえた♪
次こそは・・・あぁ!私が取る前に全部取られたぁ。(泣)
photo
「お~い、さっきから下に全然流れてこないぞぉ。」
「あー取りそこねた~。(汗)」
「わわ!いっぱい流れてきた!みんな取れ取れぇ!」
photo
大勢の空腹が待ち構える中、スローペースで流れてくるそうめんは下流勢と上流勢取り合いに!
待っている時間もワーキャーかえって盛り上がるくらいです。
後半、満腹になりそろそろ帰ろうか♪と、席を立とうとした途端!最初のスローペースが嘘のように連続で流れてくるそうめんの大玉!満腹なら食べなきゃ良いものをなぜか流しきってはいけない義務感にとらわれ必死になってそうめんを捕まえました(笑)
【 感 想 】
photo
《22歳男性》
想像以上と言うよりも、流しそうめんがこんなに楽しいものだとは知りませんでした。
木々に囲まれ滝を眺めながら楽しむ夏の風物詩♪最高でした★


《23歳女性》
思い出作りには最適ですね。お子様だけでなく、大人同士でもわいわい楽しむことができました。


【ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか♪】
 
photo
大自然の中で美味しい料理とみんなの笑顔

流しそうめん 吾妻庵

※冬季は休業しております。

流しそうめん『吾妻庵』

URL
http://azumaan.jp/
住所
〒960-2158 福島県福島市佐原字竹の森1番地
電話
024-593-3949
営業時間
10:00~17:00 4月下旬~10月中旬
休業日
不定休
駐車場
有り
アクセス
飯坂ホテル聚楽よりお車で約40分
取材日
2017年10月07日