実演中心バイキングと泉質異なる3本の源泉「飯坂ホテルジュラク」

  • Twitter
  • Instagram
main

じゅらく探検隊が行く!EXPEDITION

じゅらく探検隊が行く!

新幹線で宴会に足湯体験・・・できるの?

レポート日時:2019年09月24日 / レポート:iizaka_user

福島県と山形県を結ぶ新幹線「とれいゆ つばさ」。
車両は「足湯」、「湯上がりラウンジ」、「お座敷指定席」そして「普通指定席」で編成されています。
photo
ブルーのマスクにグリーンのボディーが目を引くリゾート新幹線「とれいゆ つばさ」!
月山と最上川をモチーフにしたデザインなのだそうです。
そして「とれいゆつばさ」の最大の目玉は、足湯&お座敷!
我々はJRの「びゅうツアー」で足湯付きを予約したので安心ですが、ツアー以外のお客様は当日空きがある場合のみ当日券を購入できるそうです。
photo
photo
10:02福島駅発「とれいゆ つばさ」いざ乗車!
3両あるお座敷列車は4人席だけでなく2人席もあり、カップルでも楽しめる作りになっていて嬉しいですね♪
紅花色の真っ赤な背もたれに、座席も畳を使用! 天井の装飾など、いたる所に山形の魅力があふれています。

「とれいゆ つばさ」の魅力・その1は・・・飲まないと始まらない!
早速バーカウンターのある湯上りラウンジの車両へGo----!
photo
photo
【魅力その1】酒盛り?
~湯上りラウンジ(モノや人との出会いの間)~


山形の美味しいワインとおつまみをGetして「かんぱーい♪」
※お酒が飲めないメンバーは「山形育ちシリーズ」のジュースで乾杯!
トンネルの中にチラッと見える板谷駅や峠駅の話題を肴にもう1杯!
※新幹線が開通するまでは4駅連続スイッチバックで有名だったそうです。

奥羽山脈の山々を抜けると「次は米沢~」の案内が聞こえてきた。
湯上り前に湯上りラウンジで出来上がっちゃうのはもったいない!
せっかくお座敷を取ったんだから!って事で2軒目ならぬ2席目に移動してもう1杯!

山形サイコー!心も体も山形に酔いしれる奥羽本線の旅が始まりです!!
photo
【魅力その2】足湯タイム!
~足湯(くつろぎの間)~


ほろ酔い気分で談笑していると、
「そろそろ足湯のお時間です」とのアナウンスが。

ついに足湯の時間がキター!!との声が顔に出ていたのか、全員が笑顔。少年に戻ったかのような笑顔。

我先にと湯上りラウンジの奥に進むと・・・足湯発見!!
1つの足湯に最大おとな4名が入浴でき、仕切りもあるため、個人でもカップルでも楽しめます♪
photo
photo
利用時間の説明などを聞きながら、「とれいゆ つばさ」限定タオルをもらい、いざ入浴。

足湯とはこんなにも気持ちよいものだったのか・・・
じわ~と広がる湯の温かさに足から体がポッカポカ♪車窓から流れる景色も楽しめ大満足!

福島駅から山形方面に向かうときには定番になりそうです。

そんな足湯の気持ちよさに後ろ髪を引かれつつも
お次は、ボリュームたっぷりお弁当ターイム♪
photo
【魅力その3】限定のお弁当♪
~お座敷指定席(語らいの間)~


乗車してラウンジでまず一献、その後足湯にて足湯なのに全身ぽかぽかに。
加えて探検隊の任務に勤しみ(写真と動画を記録、そして何よりFunFunFun!!)、
すでにかなりのハイテンション&満足感。
photo
そんな中、いよいよお楽しみの「牛肉どまんなか」弁当♪
しかも、とれいゆ限定のスペシャルバージョン!
さらに、ワンドリンク付き!!

山形地酒にしようか…地ワインも捨てがたい…
ソフトドリンクも福島山形の果実満載で種類豊富…
ヴァリエーションに富みすぎていて、逆に選べない(笑)

メインのお弁当は一品一品のおいしさも然ることながら、ボリュームも充分。
食事としても、ともに供されるお酒のお供にも相性抜群。
photo
具体的な内容については、ココではあえて述べません(キリっ
限定感とスペシャル感を、ぜひみなさんご自身で体感していただきたいのです。
そのためのポイントが一点。
通常の牛肉どまんなか弁当を、あらかじめ別の日に食べておきましょう。
まず、牛肉どまんなか弁当の納得の美味しさを堪能した上で、とれいゆバージョンを食した際の新たなる感動…
photo
あぁ満足すぎる…とれいゆ最高!
感動のひと時名残惜しくも、アッという間に新庄到着でございました。

とれいゆ つばさ

URL
http://www.hotel-juraku.co.jp/iizaka/.htm
通行区間
福島県福島駅~山形県新庄駅
取材日
2019年09月07日