伊東の高台に建ち海を望む白亜のホテル「伊東ホテル聚楽」

main

じゅらく探検隊が行く!EXPEDITION

じゅらく探検隊が行く!

ツーンとした刺激的な香りが襲来!? 伊豆で「わさび」三昧。 その2

レポート日時:2017年03月14日 / レポート:ito_user

photo
生ワサビと酒カスで《体験わさび漬け作り》です。既に調理台には人数分の準備が整っていました。
(わさび本体・わさびの茎・酒粕・調理道具一式)さすが「わさびの里」道の駅!
photo
先ずは手をよーく洗って調理開始!わさびの茎を2~5ミリにきざみ、わさび本体も大小みじん切りにしボールへ入れていく!爽やかなわさびの香りが漂ってきます♪
ポイント①《大きさが異なった方が出来上がった時に美味しくなるんだそうです》
photo
次はわさびの入ったボールに、小さじ1杯半の塩を入れて塩もみの開始!手に傷があるとかなり痛いみたいです。でもワサビは殺菌効果抜群だから大丈夫かな?
ポイント②《お米を研ぐようにわさびをモミモミする事》
photo
わさび汁が出てきたら布巾に入れて水洗い!よーく洗ったら布巾ごと硬く絞ります。水が冷た~い!でもこの冷たさが身も心も味もシャキッっとしてくれるのかな?
ポイント③《お水が多いと水っぽくなって駄目になっちゃうのでギューっとね》
photo
お水を拭き取ったボールに水洗いしたわさびを戻したら、用意してある酒粕を投入しマゼマゼ!ちょっと酒粕をなめてみると甘~い!辛~いワサビと合わさって美味しくなるのかな?
ポイント④《酒粕には調味料(日本酒や砂糖等)が入っているので楽チン》
photo
よ~く混ぜ終わったら、ビンにつめてラベルを貼って完成です!
美味しい?不味い?全ての責任は自分次第!?
ポイント⑤《ラベルの製造者の所に自分の名前を記入します》
photo
アッっという間(約30分位)で体験わさび漬け作りは終了です。実は今回で2回目のわさび漬け作り体験だったからかな?
photo
photo
作ってから2~3日過ぎてからが食べごろとの事。2日後が楽しみですね。日本酒の肴!ご飯のお供に!酒かすの香りとわさびの風味でサイコーの一品!!

天城わさびの里

URL
http://www.amagi-wasabinosato.co.jp/
住所
〒410-3206  静岡県伊豆市湯ヶ島892-6 道の駅「天城越え」内
電話
0558-85-0999(受付時間 8:00~16:30)
営業時間
8:30~17:00
休業日
無休
駐車場
有り
アクセス
伊東ホテル聚楽より県道12号線経由約1時間
取材日
2016年12月07日