伊東の高台に建ち海を望む白亜のホテル「伊東ホテル聚楽」

  • Twitter
  • Instagram
main

じゅらく探検隊が行く!EXPEDITION

じゅらく探検隊が行く!

開運!伊東温泉で七福神めぐり

レポート日時:2019年03月20日 / レポート:ito_user


伊東温泉で七福神めぐりを遂行。
まずは伊東市観光案内所で「伊東温泉七福神めぐり」のスタンプ台紙を受取り出発。

photo
松月院【弁財天】
photo
最初に訪れたのは松月院。伊東駅裏の高台に建つお寺で桜寺とも呼ばれています。早咲きの彼岸桜や色々な種類の桜を楽しむことができるそうです。境内からは伊東市街地と海が一望できます。
photo
photo
また石段の途中には見事な日本庭園もありました。庭園内にある池には弁天像が建てられていました。訪れた日は桜も咲いていて、庭園の緑とのコントラストがとても綺麗でした。

こちらのお寺には七福神の紅一点の女神、弁財天様が祀られています。スタンプ台は本堂の傍です。
最誓寺【寿老神】
photo
伊東駅の南、そこは頼朝と伊東家の三女、八重姫の子どもの菩提寺。最誓寺は、七福神めぐりの中で一番歴史を感じる事が出来るお寺でした。

源頼朝が伊豆に配流されていた当時、1子を設けたが亡くなり、その子どもの菩提を弔う為に、建立したとの事。
また伊東家一族のお墓があり、伊東市指定文化財の1号に認定されています。
photo
photo
樹齢六百年にも及ぶ市の天然記念物「大ソテツ」も見ものです。

こちらのお寺には、七福神の寿老神様が祀られています。スタンプ台は本堂左側の建物の中です。
東林寺【布袋尊】
photo
日本相撲協会建立の顕彰碑や首塚(以下参照)など、色々な事柄の由来に纏わるお寺様です。

①伊東市の「伊東」は、伊東家が由来とも言われている。(諸説あるなかの一説)

②その伊東家当主、伊東祐親(鎌倉時代の伊豆国領主)が、嫡子である河津祐泰(かわづやすすけ)を弔うために入道したのが東林寺。
そしてその祐泰さん、相撲がとても強かったそう。相撲四十八手の一つ「河津掛け」の由来と言われている。(こちらも諸説あるなかの一説です)

③さらにその祐泰さんは、日本三大仇討の一つ「曽我(そが)物語」の主人公祐成・時致兄弟の父で、祐成(すけなり)・時致(ときむね)兄弟の首塚が東林寺の高台にある。

…以上、七福神巡りのコンセプトを圧倒する由来の数々。
photo
photo
しかし、幸せになりたい我らじゅらく探検隊は、しっかり七福神スタンプをゲットしてきましたとさ。
(東林寺は布袋尊さま。大きな福耳で財宝いっぱい!の神様です)
仏現寺【毘沙門天王】
photo
仏現寺は流罪になった日蓮が3年間過ごした場所に建立されたお寺で、伊東市役所の隣りにあり境内は広く本堂も壮観なところ。

車で出入りできるこの立派な山門は後から作ったもので、本来の山門は海側から階段を登ってきたところにあります。伊東在住ですが知りませんでした。

スタンプラリーは本堂へ上がった正面すぐにありますが、左の奥へ進むと七福神の中で唯一、武将の姿をしている毘沙門天王像があります。古くは武運の神であり、厄よけや大願成就を助けるとされています。
photo
photo
山門までの階段を上がる途中、振り返ると港町から海までを眺めることもでき見ごたえも十分。

次のお寺へといそぐスタンプラリーもいいですが、ゆっくりと時間をかけて見てまわるのもいいかもしれません。
新井神社【恵比須神】
photo
新井神社は伊東港を見下ろす高台にあり、鳥居をくぐって約50段の石段を登り、左手に伊東港を臨みながら少し歩き、また約20段の石段を登るとようやく本堂があります。
新井神社は1320年に建てられた古い神社で、漁業の守り神である恵比寿様が祀られてます。
photo
photo
伝承によるとその昔、この近くの浜に打ち上げられた恵比寿神の神像を安置したところ、大漁が続くようになったそうです。
今では奇数年の1月7日に豊漁を祈願して男衆の「裸まつり」が行われます。
お~っと!! 色んな意味で(?) 私も血がたぎってまいりました!!
林泉寺【福禄寿】
photo
さて、七福神めぐりも残り2ヶ所。車で道を進んでいくと林泉寺に到着。

林泉寺は約500年前に建立され、薬師如来像・日光月光菩薩を御本尊としています。

また、林泉寺はフジでも有名で、静岡県指定文化財にされ、見ごろの季節になると鮮やかな紫に境内を染めるそうです。
photo
photo
その他にも赤い帽子を身につけた表情豊かな羅漢像があります。
他の羅漢像に話しかけていたり、本堂左にある池の鯉を眺めていたりとなんともかわいらしいです。

本堂は静寂な雰囲気に包まれていて、時間の流れをゆっくりと穏やかに感じながら拝観できます。

フジが見ごろの時期にまた訪れたい所です。
朝光寺【大黒天神】
photo
伊東駅脇の細い道路を山手に進みさらに細い道を登っていく。
木々に囲まれ、その存在感を消し去ったお寺。
境内裏手に品種は分からないが綺麗なオレンジ&甘夏の木があり「伊東だね」と思わず声が出た。
photo
photo
ひっそりとした森の中に建つ本堂、正式な入口である参道は急な階段を登ってくるようである。
本堂左手には立派な鐘、右手には七面堂というこれまた結構なお堂、スタンプはココにありました。
もしまた来れる機会があるのであれば徒歩で参道から参拝、大黒天神様を拝んでみたいと思います。
御朱印について
photo
七福神めぐりの楽しみは何といってもその街の歴史に触れながら一つ一つの社寺を回る事。
そしてその証として各所に祀られた七福神のスタンプを専用の色紙やシートに埋めていく達成感ですよね。
実はこの七福神めぐりで同時に楽める「御朱印めぐり」というものがあるのをご存知ですか?
御朱印は本来寺院で写経をした証に頂けるものとして始まりました。
御朱印めぐりも同時に!という方御朱印帳をご用意の上、必ず拝観、参拝したのちに御朱印をお願いしましょう。
「七福神めぐりの御朱印を」と伝える事で、七福神めぐり専用の御朱印がいただけます。
いただいた御朱印を眺め、比べるとそれぞれに個性がある事に気付き心が安らぎます。
photo
寺院、神社に分けて集めるもよし、七福神巡り専用の御朱印帳を作って各所の七福神めぐりを楽しむのもいいですね。
伊東温泉七福神めぐりでは各所300円にて御朱印がいただけます。是非この機会に初めて見てはいかがですか。
※御朱印めぐりの際はコースのご案内に従ってマナーを守ってお楽しみください。

伊東観光協会 伊東駅前案内所

URL
https://itospa.com/history_culture/hc_7goodgod/
住所
〒414-0002  静岡県伊東市湯川1丁目8-3
電話
0557-37-6105
取材日
2019年03月06日