伊東の高台に建ち海を望む白亜のホテル「伊東ホテル聚楽」

  • Twitter
  • Instagram
main

じゅらく探検隊が行く!EXPEDITION

じゅらく探検隊が行く!

テーマは?・・・だけど夢中になる世界

レポート日時:2019年07月30日 / レポート:ito_user

photo
まぼろし博覧会を後にし、車で少し進むと怪しい少年少女博物館に到着!

建物の入り口に近づくと、二宮金次郎像から来館喜びの水が流れ出します。
どこから流れ出ているかは・・・
photo
◆1階「昭和レトロな空間とゲームにハマる大人たち」

その後館内に入ると、昭和時代に流行っていた服装を着たマネキン達や
フィギュアがズラーっと辺り一面に綺麗に展示されています。
photo
探検隊メンバーの中でも「これあった!」と懐かしむ声が聞こえたり、
少年少女のようにはしゃいでる中、ある一画にこれまた懐かしのスーパーファミコンを発見!!
photo
ゲームが好きなメンバーはコントローラーを手にし、即ゲームスタート♪
2人でワイワイ対戦したり、片や1人で黙々と楽しんだりなど
それぞれの楽しみ方も出来たりと思う存分、レトロな空間を味わえました♪
photo
◆「お化け屋敷の余韻のまま2階の不思議な空間へ」

別棟にはお化け屋敷、その名も『怪しい夜の学校』 お化け屋敷など子供の頃以来なので、自分が怖がりなのも忘れ、中へ脚を踏み入れてしまった
photo
中にはギミックで動く多数のお化け(人形)・・・恐怖を煽るあの世からの?笑い声・・・
自分が怖がりだった事を思い出し、私の足元はおぼつかない・・・
その刹那、頭上から突然の風!!
私は恐怖のあまり、大人げなく悲鳴を上げながら逃げる逃げる!!
photo
・・・すると、そこには外の世界が広がっておりました。
果たしてこの世界は本当に現実に戻ってきたのか、それともあの世が私の脳を錯覚させているのか・・・
photo
そんな状態の中、2階の展示スペースへ
和洋の様々なマネキン、人形の数々・・の中に、フランケンシュタインや恐竜(プテラノドン?)の姿も・・・
まさにカオス、真正のカオス、私の頭の中もカオス
正気に戻るのに少し時間が必要でございました

怪しい少年少女博物館

URL
http://ayashii.pandora.nu/
住所
〒413-00231  静岡県伊東市富戸街道下1029-64
電話
0557-51-8800
営業時間
9:00~17:00(ご入館は30分前まで)
休業日
年中無休
入館料
大人:1,000円、小中学生:600円
駐車場
無料
アクセス
伊東ホテル聚楽よりお車で約25分
取材日
2019年07月06日