新潟駅から徒歩5分。米の旨い朝食が評判~ジュラクステイ新潟~

main

じゅらく探検隊が行く!EXPEDITION

じゅらく探検隊が行く!

大きなせんべいを焼いてみよう! (ホテルよりお車で約20分)

レポート日時:2015年09月09日 / レポート:niigata_user

~まーるい大きなせんべいを焼こう~
photo
顔ほどの大きさのある、せんべいを持っていざ焼き台へ。

しかし、ここで問題発生。あまりの熱さにメガネが悲鳴をあげた!こりゃもたんとメガネ無しとメンバーチェンジ。
しかし、裸の眼球にもこの熱はビシビシと伝わります。目、開けてられません。それでも薄目をひっそりと開けながらせんべいを何度もひっくり返して炙っていること約5分ぐらいでまずは第一段階終了。
photo
ココからお絵かき。書く事はもう決まっています。

「祝 ジュラクステイ新潟 OPEN記念」これしかない!

ササッと筆で書き上げて、また焼き台へ。
photo
腕2本をまっすぐ伸ばした、前ならえの姿勢でせんべいを焼いていきます。腕プルプル。

醤油で書いた文字がはっきりしてきたら完成。
後は冷まして袋詰め。
photo
完成したせんべいはジュラクステイ新潟の支配人へ贈呈。
大事に飾ってね。
~ハートの大きなせんべいを焼こう~
photo
女性陣で大きなハート型のせんべい焼きます!さあ焼こうと焼き台へ。熱っ!すごーく熱い!
ので「さあ焼いて」と先に焼いてもらいます。ひたすら煎餅をひっくり返す顔が赤くなるのを確認して、そろそろ交代かな?

ハート型はひっくり返す時、少しバランスが悪いので、優しく丁寧に(返しが悪いと曲がったり割れたりするそうですよ)
真っ二つなんて事になったら・・・(汗)
photo
せんべいが膨らんだのでお絵かきタイムです。「何描く?」「どうする?」と、決まらなかったので見本の猫を描くことに。絵心のない私はまたしても任せっ放し。「うん、可愛く描けてるよ!」
最後に星だけは描きましたよ。
※煎餅が熱いうちに描く為、予め何を描くか決めておいた方が良いですよ☆
photo
さあ、焼き台で乾かしましょう。
腕を伸ばし、胸の高さ迄せんべいを持ち上げて乾かすので、二の腕エクササイズになるかも?乾いたら焼き台に置き、常にひっくり返しながら焼いていきます。すると「あっ、猫が浮かび上がってきた!」

くっきり絵が現れたら、せんべい全体に醤油を塗ります。仲良く片面ずつ塗りましたよ。
photo
はい、乾かして焼きます!
もう熱さとの戦いです。交互で焼いては冷房に駆け寄りを繰り返し、目安は全体がこんがりするまで。

「もういいですよ」を合図に、せんべいを乾燥専用の機械へ移動、人肌まで冷まします。
photo
冷めたら袋に入れて密封して完成!!なかなかの出来で、食べるのがもったいない!

新潟せんべい王国

URL
http://senbei-oukoku.jp/
住所
〒950-3134  新潟県新潟市北区新崎2661番地
電話
025-259-0161
営業時間
9:30~17:00(体験は16:30迄の受付)
休業日
要問合せ ※火曜日を臨時休業とすることがあり
駐車場
無料
アクセス
新新バイパス濁川ICから車で1分 / ホテルからは国道7号線経由
取材日
2015年09月25日