万座ホテルジュラク

0279-97-3535

じゅらく探検隊が行く!

main

じゅらく探検隊が行く!EXPEDITION

群馬県が誇る最高級ニジマス

レポート日時:2019年12月24日 / レポート:manza_user

群馬県が誇る高級ニジマス「ギンヒカリ」を食すべく向かったのは、釣りと食事を楽しめる「あづま養魚場」。
photo
まずは釣りを楽しむ

釣り堀は3ヶ所あり、それぞれニジマス、ヤマメ、イワナ釣りを楽しむ事ができる。 釣りをしながら「ギンヒカリづくし」ができあがるのを待つ事にしよう...。
photo
竿と練り餌を借りていざ釣り堀へ!
それぞれの釣り堀には難易度があるらしい。
photo
その難易度はすぐに分かった。

ニジマスは餌を投げ入れると数秒で浮きが沈むまさに入食い状態。
photo
その向いのイワナはと言うと...。

手強い!
餌の近くには来るのだが食べてくれない。最終的には1匹しか釣れなかった。
photo
そして入食い状態ニジマス隣のヤマメはと言うと...

餌に近付きすらしない...。
結果0匹。

初級はニジマス、中級でイワナ、上級がヤマメと言ったところだろうか。どうやらイワナとヤマメは練り餌ではなく餌にイクラを使わないと難しいらしい。因みに餌のイクラも追加料金で借りる事ができる。
photo
釣れた魚はそのまま食堂で調理してくれる。
自然に囲まれたアクティビティを満喫できる山奥のイチオシスポットでした。
photo
photo
ギンヒカリ丸ごと一匹

さてさて、食事の用意が出来たと声を掛けられ、ニジマス祭を後にし食事処へ。
今回食すギンヒカリは、中ぐらいの大きさだそうでまだまだ大きくなるとの事。 それでも結構な大きさである。
photo
食べきれるのかと不安になりつつも、運び込まれてくるギンヒカリのフルコース!
塩焼き・蒲焼き・揚げ物・刺身・いくらなどなど。
photo
塩焼きは身が反ってますがこれは獲れたてで身が引き締まっている証。
揚げ物とお刺身は4種類ほどの部位に分けられていて、それぞれの部位で異なる食感も楽しめる。
黄金色に輝いているのは岩魚のイクラ。見た目でも楽しませてくれる。
アラから出汁を取ったみそ汁にご飯、豪華すぎる。
photo
ご飯に刺身といくらを盛り付ければ、ギンヒカリ丼も楽しめちゃう。
まさにギンヒカリの宝石箱や~♪と大歓喜。
photo
釣った魚も一匹丸ごと塩焼きで食べられ、大満足でした♪

あづま養魚場

URL
http://fish-azuma.com/
住所
〒377-0301 群馬県吾妻郡東吾妻町箱島1002
電話
0279-59-3621
営業時間
9:00~17:00(4月~10月) 9:00~16:00(11月~3月)
駐車場
有り
アクセス
万座ホテル聚楽より車で約90分
取材日
2019年12月09日

このページのTOPに戻る