心温まるおもてなし 都心のオアシス「お茶の水ホテルジュラク」

main

じゅらく探検隊が行く!EXPEDITION

じゅらく探検隊が行く!

美味しいお酒を探してみよう~(ホテルより徒歩5分)

レポート日時:2017年09月01日 / レポート:ochanomizu_user

全国の日本酒をコップ1杯 単位で楽しめるお店です!
photo
お店は一見するとおしゃれな立ち飲みBarのよう。
中へ入ると所狭しと並べてある約100種類もの日本酒が目に飛び込んできます!
photo
photo
全国42蔵元の様々な日本酒がおいてあり1杯200円ぐらいのものから、700円ぐらいのプレミアムなものまであるので、普段は高くて飲まない酒だけどコップ一杯なら試しに飲んでみたいという感覚で楽しめます。
みんなで利き酒対決なんかもできちゃいますね!
photo
注文方法は瓶ごと自分の席に持って行きます。係の方が注いでくれるので自分で栓を抜いたりしてはいけません。
photo
気の利いたものから粕漬け・燻製などのちょっと手の込んだおつまみや、珍味の盛り合わせのようなオリジナリティ溢れるフードもたくさん!
お酒が苦手な人には甘酒のスムージーなどおしゃれなドリンクメニューも充実してます。
もちろん飲むだけでなく購入も可能です!
【↓↓↓ これ飲みました ↓↓↓】
photo
ずらりと並ぶ全100種!迷わずにはいられない状況。今回はとりあえず3種類チョイスで100円引きコースに決定。
「う~ん」と悩むみんな、そしてこの時間が結構楽しい。
私は日頃愛飲している事から、今回は「にごり縛り」で3種選んでみました。
photo
産地は、群馬・長野・宮崎とばらばら。微発泡で口の中でほのかにはじける群馬の『巌』、はたまたミルキーな割にサラッとのど越しの良い宮崎「千徳」、ガツンと鼻に抜ける力強さと口に残る酸味が特徴、長野『横笛』等々。数百円で奥の深さが楽しめるのは嬉しいですね♪因みに一杯あたりの料金は200円~様々ですので、お財布と相談しながら、「ラベル縛り」「吟醸酒縛り」「産地縛り」と色々試してみると楽しいでしょうね。
お酒だけでは・・と言う方には各種「肴」も、お酒が苦手な方には甘酒をベースにしたスムージーもおススメで♪。
photophoto

銘酒センター御茶ノ水店

URL
http://nihonshu.com/
住所
〒113-0034  東京都文京区湯島1-2-12 ライオンズプラザ御茶ノ水1F
電話
03-5207-2420
営業時間
12:00~22:00 [日・祝] 12:00~19:00
休業日
月曜日
駐車場
なし
アクセス
電車:JR中央線・総武線「御茶ノ水駅」聖橋口から徒歩5分
取材日
2017年08月08日