心温まるおもてなし 都心のオアシス「お茶の水ホテルジュラク」

main

じゅらく探検隊が行く!EXPEDITION

じゅらく探検隊が行く!

レインボーブリッジを歩いて渡る楽しみ方

レポート日時:2017年05月19日 / レポート:ochanomizu_user

知らない人はいない?!ってくらい有名なレインボーブリッジですが、
歩いても渡れることはあんまり知られていないのでは???
いや!知っていても、わざわざ歩いて渡ろなんて思う人は非常に少ない。
photo
ユリカモメに乗って芝浦ふ頭駅を下車するとすぐに、 巨大な橋が目前にあらわれ、思わず「おぉ!」っと声を上げてしまう。遠くから見ていたときより、近くで見ると迫力がぜんぜん違う!!
photo
でも、この橋ってどこから登るんだろう? なんて思いながら橋の袂までやってくると、「レインボーブリッジ遊歩道」の看板が見えてきた。
看板に沿って歩いていくと、どうやら橋の一部の「アンカレンジ」と言う建物のような所から登るみたいだ! (アンカレイジとは吊り橋のケーブルを支える土台で、とっても重要な部分との事)
photo
建物の中に入ると、そこはすでに2階!どうやら7階まで登らなければならないらしい!
階段はきついな!なんて思ったら親切にもエレベーターがありひと安心。そしてエレベーターは二カ所にあり、どっちのエレベーターに乗るかによって 橋の北側遊歩道を歩くか、南側遊歩道を歩くかが決まるようだ。
サウス(南)ルート
我々は開けた海が見たかったのでサウスルートを選択。 photo
photo
7階に到着!いきなり猛スピードでびゅんびゅん車が走っている光景が目の前に!

レインボーブリッジは2階構成になっていて、上の階には首都高速。
こちらの階には一般道と遊歩道にゆりかもめが走っている。 信号が無い一般道なので60km/hの制限速度以上でぶっ飛ばしている光景は、柵を挟んでいるとはいえ、なかなかの迫力です。さらに高所に似つかわしくなく、排ガスも結構すごいです。
photo
photo
橋ゲタ部分だけフェンスが開けていて絶好のビューポイント!

左から《お台場方面~東京湾を一望~天王洲アイルから大井方面》橋ゲタを真横から眺める光景もおススメです。
photo
「台場」と書かれていたところで、ちょうど橋の中間地点に到着です。逆方向には「芝浦」の文字が。
photo
お台場方面に入ると眼下には、島になっている第六台場と、歩いても行ける第三台場もはっきり見えてきます。
photo
そして緩やかな下り坂を進み、だんだんと海が近づいてくるとお台場側に到着です。

眺めも良い!お金もかからない!30分位で絶景も楽しめる!!両方の景色を楽しみたいなら往復1時間チョッとで踏破も可能!!今後は東京観光といったら、是非おススメしたい♪。
ノース(北)ルート
ノースルートのメインは行き交う水上バスと東京タワー。photo
photo
photo
しかしまー、東京タワーが目立たなくなったこと。成長するということは上へ上へということなんですね。
一般道のすぐ横なので排気ガスが少々気になりますが 走っている方も結構います。橋の向こうまで信号無いから2㎞ダッシュとかできますよ。
photo
途中、2か所だったかな、サウス(南)ルートとの 連絡通路もありますので両方の景色を楽しむことも可能です。
お台場方面に入ると眼下には、島になっている第六台場と、歩いても行ける第三台場もはっきり見えてきます。

レインボーブリッジ遊歩道

住所
〒108-0022  東京都港区海岸3-33-19
営業時間
9:00~21:00 [4月~10月]  10:00~18:00[11月~3月]
休業日
毎月第3月曜日(祝日の場合はその翌日)、悪天候
料金
無料
アクセス
当ホテルより30分/JR山手線「秋葉原」駅 →「新橋」駅乗換 → ゆりかもめ「芝浦ふ頭」駅下車
取材日
2017年05月07日