心温まるおもてなし 都心のオアシス「お茶の水ホテルジュラク」

main

じゅらく探検隊が行く!EXPEDITION

じゅらく探検隊が行く!

水の不思議な世界が体感できる

レポート日時:2018年08月15日 / レポート:ochanomizu_user

さあ、水の冒険にでかけよう!
photo
水道のじゃ口をひねると普通に出てくる「水」
どこを流れ、どう自分の所まで来るのか?
水の不思議と大切さを科学の視点で紹介し、水と水道への興味を深める体験型ミュージアムです。
photo
この施設はね、1F→3F→2Fという順路なの。
photo
3Fには2つのエリアがあります。
「アクア・トリップ 水のたびシアター」
この日は時間の都合で見ませんでしたが、前・左右・天井がシアターになったアクアトリップで水の循環を学ぶことができます。

もう1つは「アクア・フォレスト 森を探検!水のふるさと」
こちらは森の中を探検しながら模型や絵本、映像などで森のろ過の仕組みを学んで森の大切さを学べるエリアです。
photo
特に○×クイズはスクリーンに問題が映し出されるのですが、答えている自分たちも映るので小さい子供に大人気でした。
photo
模型の1つで川の内部を作ったものがあったのですが、イワナやヤマメもいてそのままホテルに持ち帰ってレストランに飾りたいくらいでした。
photo
photo
そして2F、
「アクア・ラボラトリー ふしぎ体験!水の実験室」

六角形の枠の中に入り、シャボンの壁に囲まれる体験や、 四角い箱の穴から、霧のリングが飛び出す空気砲、 また、水を徐々に真空状態にするとどうなるか? こんな謎と実験と体験が、とっても楽しかったぁ~
photo
photo
同じく2F、
「アクアタウン みんなで発見!くらしの水」

浄水場でできあがった水道水がどの様に町に至り、どう使われるのか?
何気なく使っている身近な水を改めて「楽しく」見て学ぶ事ができるのです。
クイズや巨大模型もあるので、未就学児から大人まで分かり易く本当に楽しいんだよ~。
photo
これで子供が沢山いる理由がわかりました。
親御さんは連れてきたくなる訳です。

科学者になる為の1歩がココにあります。
photo
photo
※今回は開催中の水道局PR施設の3館スタンプラリーで東京都水道歴史館との2館達成でかわいいミニタオルを頂きました
また、時期により異なるのですが、利き酒ならぬ「利き水」イベントが開催されており、我々は大盛り上がりでした!

東京都水の科学館

URL
http://www.mizunokagaku.jp/
住所
〒135-0063  東京都江東区有明3-1-8
電話
03-3528-2366
営業時間
9:30~17:00(入館は16:30まで)
入館料
無料
休館日
月曜日(ただし、休日に当たる場合はその翌日)、年末年始(12月28日~1月4日まで)
アクセス
当ホテルより60分/JR山手線「秋葉原」駅 →「新橋」駅乗換 → ゆりかもめ「国際展示場正門駅」駅下車
取材日
2018年08月08日