心温まるおもてなし 都心のオアシス「お茶の水ホテルジュラク」

  • Twitter
  • Instagram
main

じゅらく探検隊が行く!EXPEDITION

じゅらく探検隊が行く!

金魚の釣り堀!?

レポート日時:2019年08月23日 / レポート:ochanomizu_user

我らが探検隊、釣りシリーズも、ついに東京に進出。「寿々木園さん」へ行って参りました。
photo
ココは通常の釣り堀とは違うのです。
なぜなら「金魚」を釣るのです!!!

場所は、中央線阿佐ヶ谷駅南口から徒歩3分。
賑やか『ではない方』に進むと到着する事でしょう。
(コンビニの裏です)
photo
東京のど真ん中、繁華街を抜けると住宅街の中に、スゥ~~っと昭和の空間が、視界に広がります。

「金魚?を釣る???」

何かちっぽけなイメージですが、本格的な「金魚つり堀」という事で、隊員のワクワクスイッチが即ON。

竿をかり、
餌をもらい、
説明は30秒、


さぁ、釣ろう!
photo
釣れない。


釣れない。



釣れない。
photo
オレが絶対最初に釣る!


釣れない。

でも通常の釣り堀と違って、何故か飽きない。

順番待ちの隊員も、待ちきれずに貧乏ゆすり。
でもまだやらせない。


釣れない。
photo
もうダメか?と思っていると、
15分位かけてやっと、隊員が釣りました!

モノトーンが合いそうな昭和な空間、
コケ緑の池から釣り上げたその金魚ちゃんの
「まっかっか」が、
まぁー映える映える。


お客様も沢山いましたが、隊員総出でシャッターパチパチ。
photo
釣る気マンマンの私は敗北してギブアップ。
反対側から仲間の動画をしばらく撮っていると、横にいた常連さんの技にびっくり。

片手で一瞬でエサを付けて、投げ入れて、ちょっとでも動いたら、サオを「真横」に一瞬で引く。

その繰り返しで、5~10回に1回はHIT。。。
バケツの中には金魚ちゃんウジャウジャ。
photo
仲間の場所に戻り、真似したら、
やっぱり釣れました!

色々な技があるんでしょうね?

昭和?から続くこの伝統、
何か、新種のスポーツの様で、釣りの概念が変わります。

カップルと、
小さなお子様と、

いや、ひとりだと最高に面白いかもしれませんね。
photo
お店の方々や常連さんも、 金魚の様に非常に華やかで、とてもとても楽しいひと時でした。
photo
聚楽と同じ、大正13年創業との事で、隊員はみな背中のTシャツを見せて親近感をアピール。
何かご縁を感じます。

また伺いますね~~~。


※ウチの近所にもOPENしないかなぁ~

寿々木園

住所
〒166-0004  東京都杉並区阿佐谷南3-38-33
電話
03-3398-0607
営業時間
8:00~日没
料金
1時間600円(竿、えさ代込み)
定休日
金曜日(祝日の場合は営業)  ※雨天休業の場合あり
アクセス
当ホテルより30分/JR中央線「御茶ノ水」駅 → 「阿佐ヶ谷」駅下車
取材日
2019年08月07日