標高1,800mには忘れられない星空がある「万座ホテル聚楽」

main

じゅらく探検隊が行く!EXPEDITION

じゅらく探検隊が行く!

今回のおやきは「焼き」です

レポート日時:2014年07月02日 / レポート:manza_user

善光寺から通りを5分ほど歩いたところにある「ぱてぃお大門」内にあるこのお店。 蔵のような建物が並びながらも新しさも交るこの街並みで信州といえばおやきということで体験に行って参りました。
photo
photo
おやきを作ろう!

・野沢菜おやき作り
元気なお母ちゃんの指導の下、おやき作りにチャレンジ!
手のひらで丸めながら平らにしていく。餃子の皮ぐらい?
photo
親指と人差し指で真ん中の少し回りを回しながらのばして~
photo
伸ばしたら手のひらに器状にして置き、スプーンでたっぶり2杯
photo
たっぷり詰め込んだら両手の親指の腹でギュッギュッとおしこむ
一度押しこんだら生地を回転させまたギュッギュッ。これを3回ほど。
photo
最後は口を指でキュッキュッとつまんで。これも3回ほどしたら。飛び出ている口を中に押し込んで平らにしましょぅ。岡ちゃん曰くここがポイント。上手にできれば生地の厚さが均等になって食感がよくなるとか。
photo
出来上がったら、ノースリーブ兄貴に焼いてもらいましょう。後は熱さに耐えて待つだけ。
photo
・あんこのおやき作り
野沢菜同様に餡子を詰めます。
さっき教わったから同じように作り始めました。
「コツはね♪野沢菜と違って詰めすぎないように!」
って言ってくれるの遅いよ~!(自分がセッカチなだけ?)なんで詰めすぎちゃイケないのかは焼きあがりを見れば一目瞭然!
自分のお焼きは…見事に餡子が大爆発!!
photo
おやきを食べよう!

今回私が一番楽しみであったおやき作り。おやきはやっぱ「野沢菜」っしょ?
まず熱い!持てない!切れない!ハフハフしながら大の大人が箸を使ってまでマヌケ三昧。
でもそれが絵にナルナル♪詰めに詰めた野沢菜がこれでもかと言わんばかりに大放出!
蒸すのではなく焼くという珍しいタイプのこのおやき、善光寺に行ったら必ず私は食べていますよ、「野沢菜」をね♪
途中で野沢菜を入れた穴を隠す工程があるのですが、そこで腕がワカルラシイ!私は薄皮で食べてみたいが、そんな事言ったらお母さんに怒られんだろうな。。。
photo
photo
今まで焼いたおやきは食べたことなかったんですが焼き立てということもあってか中のあんこまでとても熱々です!
はふっはふっです!

信州 小川の庄

URL
http://www.ogawanosho.jp/html/page1.html
住所
〒381-3302 長野県上水内郡小川村高府6937
電話
026-269-3767 【体験・食事のご予約⇒】026-269-3760(総合案内/月~金曜)
営業時間
9:00~17:00
休業日
月曜(祝日は営業、翌日休み)
駐車場
有り
アクセス
万座ホテル聚楽より車で約90分
取材日
2014年06月03日