新潟駅から徒歩5分。米の旨い朝食が評判~ジュラクステイ新潟~

main

じゅらく探検隊が行く!EXPEDITION

じゅらく探検隊が行く!

弥彦山登山 頂上目指して ~秋ver.~ (ホテルよりお車で約60分)

レポート日時:2015年11月15日 / レポート:niigata_user


山頂が見えないけど入山 ~うわぁどこまでも階段ばっかし 【入口~3合目】
photo
登山希望者4名の前に待ち受ける頂上の見えない弥彦山。
標高634メートルは東京スカイツリーと同じ高さと、山にしては決して高くはないものの、さすがにその景色に尻込みする隊員たち。
photo
駐車場に集まる見るからに準備万端の登山者にビビりつつもいざ登山道入り口へ。
赤や黄色の落ち葉もぬかるむ山道に沈み、塞ぎこみ始めた隊員たちを待ち受けていたのは
いつまでも続く階段状の上り坂・・・。
photo
この先にどんな達成感が待っているのか不安と暫しの期待に困惑しながら進む
隊員たちの額には、11月である事が嘘のような汗が出始めていたのでした。
あっ、なんか紅葉がきれい 【4合目~6合目】
photo
や~っと階段が無くなり、少し平坦な道が現れました。
photo
山登り前は、雲で頂上付近が見えなかった弥彦山。。。
登っている途中から紅葉がとっても綺麗で、おっ!もしかしてあの雲はどこかに行ったのかな?と期待!
みんなで撮影タイム(休憩タイム)
足元にも色鮮やかな落ち葉が沢山落ちていて、それを見ながら登山再スタート!
photo
どこからか川の音が聞こえるなぁ~と思っていたら、ミニミニ滝があり、その周りにも落ち葉が落ちていて、秋だな~と実感しました。
かなりガスってきた!って、ここで休憩所? 【7合目~9合目】
photo
8合目あたりからガスってきました。
下から見上げた、あの雲の中に遂に突入である。もうすでに周りを見渡しても何も見えない。
紅葉狩りを愛でることなどできずに見えるは足元に伸びる登山道のみ。
photo
本来ならあたり一面に広がる紅葉と絶景を楽しめるはずのあづま屋で一息つき、さあガスの先にある9合目とさらにその先にある頂きを目指し出発だ。
来ました9合目、よし目指すは山頂(弥彦神社 奥の宮)!
photo
やっとたどり着いた9合目。ここはロープウェイで登ってくる人たちとの合流地点。ここまでかかった時間は1時間30分位。
霧が深~くロープウェイの建物も、らくらくロープウェイ組の仲間の姿も見えず・・・
そして、日本海と佐渡ヶ島が見えるはずの景色も・・・見えず。

4人立ち尽くし、どうする?どうする?とプチ会議。
結論は
山頂に行かなきゃ意味がない!行こう!ということで山頂目指し歩き出すことに。
photo
また階段。そしてどこまでも続く先の見えない道。見えてくるのは放送局の建物ばかり。
photo
心が折れそうになったその時、霧に包まれた白い鳥居が見えてきた。やった、ゴール!
photo
ここは彌彦神社の奥宮「御神廟(ごしんびょう)」。天香語山命(あめのかごやまのみこと)と熟穂屋姫命(うましほやひめのみこと)が祀られており、パワースポットとして知られているそうです。

残念ながら、ご褒美の景色は雲の中。皆、心の目で景色を楽しみました。

弥彦山

所在地
〒959-0323  新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦3606-1/弥彦山山頂
お問合せ
0256-94-3154(弥彦観光協会・弥彦観光案内所)
駐車場
無料
アクセス
北陸自動車道「三条燕IC」から車で40分((山頂駐車場まで)下車後、徒歩で20分)
取材日
2015年11月09日