新潟駅から徒歩5分。米の旨い朝食が評判~ジュラクステイ新潟~

  • Twitter
  • Instagram
main

じゅらく探検隊が行く!EXPEDITION

じゅらく探検隊が行く!

みなとまち新潟で神社を巡って癒される

レポート日時:2019年12月05日 / レポート:niigata_user

 
前編

photo
お天気にも恵まれ、絶好の散策日和。今回は下町(しもまち)周辺の神社を巡ることにしました。
以前に「下町神社めぐり」という企画があったらしく、絵馬が描かれたスタンプ台紙(1枚10円)が神社に置かれていました。
せっかくなので、各神社のスタンプもgetしよう!
※台紙を置いていない神社もあります。
photo
1.金刀比羅神社(こんぴらじんじゃ)《 西厩島町 》
【住所】新潟市中央区西厩島町2338-1

最初に訪れたのはビルとビルの挟まれた朱色の鳥居が目を引く、西厩島金刀比羅神社(にしうまやじまことひらじんじゃ)。ここは昔、湊町として非常に栄えた土地らしく海運守護の船玉ノ神や商売繁盛の大黒様が祀らています。
photo
また、境内には龍玉殿という蔵があり事前に予約をすると国重要文化財の北前船模型を見せてもらうことができます。私たちは予約をしていませんでしたが、ダメもとでお伺いしたところ特別に見せていただけることに。中には精巧に作られた北前船の模型和船がズラリと飾らており、当時の船主が航海の安全を願う強い気持ちを感じられました。
photo
しかも、飛び込みにもかかわらず神主さんによる解説付き。江戸時代中期から明治まで栄え一攫千金の夢をのせ日本海の荒波を超えていった北前船の歴史を教えていただきました。
photo
出だしは好調。我ら探検隊も北前船に乗ったつもりで一攫千金の大開運を願い「下町(しもまち)神社めぐり」へと参りましょう。
photo
2.豊照稲荷神社(とよてるいなりじんじゃ)
【住所】新潟市中央区東湊町通1ノ町2545

こんぴら通りを少し外れた通りの民家の間にひっそりと佇む「豊照稲荷神社」。
文政12年(1829年)に本間次右衛門の勧請により 「正一位稲荷大明神」安鎮の許可を受け建立され、嘉永4年(1851年)に「豊照稲荷大明神」の神号を賜ったとのこと。そして豊照町の由来となった神社でもあるそうです。
photo
鳥居をくぐり石畳を奥へと進むと、小さいながらもそこは静寂に包まれた神聖な空間。拝殿では一人一人お参りをして、狐のスタンプをGet。
photo
photo
3.湊稲荷神社(みなといなりじんじゃ)
【住所】新潟市中央区稲荷町3482

迷子になりそうな住宅街を進むと見えてくる「湊稲荷神社」。
ここには「回る狛犬が居る」と、ちょっとした噂になっているそう。
稲荷なのに狛犬が回るんだ...と細かいところ気にしながら鳥居をくぐります。
photo
早速、左右にありました。「願掛けの高麗犬」。
まずは参拝。拝殿に進むと...ん?
そこにも木製の柵に保管された願掛けの高麗犬が。どうやらこれは150年以上も前に奉納されたとの事!文化財保存の為、今は現役の高麗犬に引継いで大切に保管されているらしい。
photo
ではでは、先代から引継いだ現役の願掛けの高麗犬。願い事を念じながら回していきます。
よいしょ...お、なかなか...あぁ、うん...。結構重いです汗
どうやら願い事によって重さが変わるとの説もあるそうですよ。

新潟の神社巡りの際には、願掛けの高麗犬に会いに行ってみてはいかがでしょうか。
photo
4.金刀比羅神社(こんぴらじんじゃ)《 寄合町 》
【住所】新潟市中央区寄合町4579

1821年、大阪から新潟へと向かっていた船が暴風雨にあい、船が沈んでしまう寸前で「金比羅大権現」が現れ、船を救ってくれたと言う霊験から建てられたのが、ここ金刀比羅神社。
photo
photo
大きくはない神社であるが、境内の中には、清麗の石・足止め狛犬・戸隠神社(御本社・長野県)があり、また戸隠神社の裏手に回ると、こじんまりとした聖観音があり、なんともかわいらしい

こじんまりとしつつも趣のある神社です。
photo
5.開運稲荷神社(かいうんいなりじんじゃ)
【住所】新潟市中央区四ツ屋町3丁目5132

ある隊員の衝撃の発言から。

「開運稲荷神社の神様は、狐さまなんだね」
うん、それはそうさ、お稲荷さまだもの…
photo
さてさて、そんな開運稲荷神社の入り口にはやっぱり当然、「こんこん様」。
【願いをかなえてくれる】といわれている、こんこん様。
開運稲荷の名前にどストライクな、こんこん様。
長年の風雨にさらされた為か、御足や御顔が溶けていて、かなり痛そう…

願わくば、『こんこん様の、いたいのいたいのとんでいけ~』
パパ隊員(2才の子持ち)は思いました。
photo
6.日和山住吉神社(ひよりやますみよしじんじゃ)
【住所】新潟市東堀通13番町

湊(みなと)が一望できた町で一番の高台、日和山。
高いところからの景色を見慣れた現代人からすると、かなり感動は薄れてしまいますが、北前船からは新潟港の目印として、ここに作られていた船見櫓(ふなみやぐら)からは天候や風向き、船の監視を行う重要な施設として、神頼みではなく現実的な観点から大変重要な場所でした。
結構な階段ありますので少しだけ覚悟が必要です。
photo
photo
 
photo
7.秋葉神社(あきはじんじゃ)
【住所】新潟市中央区古町通11番町1688

古町の大通りに程近い街中のこじんまりとした神社でした。
鳥居から拝殿まで1・2の3歩で付いちゃいます。
火防(ひよけ)・火伏せの神として古町を大火から守ってきたんですね。
photo
全ての神社で「おみくじ」を販売していました。
ココでは数本しか置いてなかったけど・・・
(残り物には福がある?)
1社目の金刀比羅神社は小吉・2社目の住吉神社も小吉。
7社目でもう後がない!3度目の正直なるか!
念願かなって大吉をいただきました。
おみくじは狛犬脇の椿に結んできました。終わりよければ全て良し!ッテ事で
皆様に幸運が訪れますように♪

下町(しもまち)神社めぐり

住所
各神社記事に掲載
アクセス
ジュラクステイ新潟スタートより約3時間コース
取材日
2019年12月03日